Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の北野がイタリア映画祭で生涯功労賞を受賞

日本の北野がイタリア映画祭で生涯功労賞を受賞

北野武。 (共同通信)

日本の北野武監督は、30年以上にわたる業界への貢献が認められ、イタリアで開催された第24回極東映画祭で生涯功労賞を受賞しました。

日本で芸名ビートたけしでよく知られている北野は、授賞式で「世界中の聴衆を楽しませ、驚かせ、魅了する個人的で普遍的な物語」を作成したことで、ゴールデンマルベリー生涯功労賞を受賞しました。

プレゼンターは、「イタリアの映画愛好家の多くは彼の映画で育ち、最大の北野映画ファンクラブはイタリアにあります。ここでは一種の北野の宗教です。」

アジアで作られた作品の鑑賞に捧げられた極東映画祭は、4月22日に始まり、ウディネで9日間続きます。

「この素晴らしい賞を(私に)与えてくれてありがとう」と北野は式典の中で言った。彼は実質的に日本から出席し、イベントに出席した聴衆から大きな拍手を受けた。 「謝罪と感謝の気持ちを表すために、(次回は)新しい映画でイタリアを訪れたい」と彼は付け加えた。

北野の人気作品には、1997年ヴェネツィア映画祭でゴールデンライオンを受賞した犯罪ドラマ「花び」や、2003年に同映画祭でシルバーライオンを最優秀監督に受賞した「座頭市」などがあります。

戦争映画「戦場のメリークリスマス」に出演した北野は、2016年にフランスで最も権威のある賞であるリージョン・オブ・オナーを受賞しました。

スタジオジブリの作曲を手掛けた久石譲とカンフー映画スターのジャッキー・チェンが極東映画祭生涯功労賞を受賞。

READ  キャサリン・ゼタ=ジョーンズは、夫のマイケル・ダグラスが彼女を「脆弱な」状況から救った可能性があると言います