Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の医師がGovit-19患者に世界初の生体ドナー肺移植手術を実施

京都大学医学部附属病院は、夫と息子の肺組織を移植するために、水曜日に30人の医療チームによって11時間の手術を受けました。

しかし、京都病院は、この症例は、肺組織が生体ドナーからCovit-19患者に移植されたのは初めてだと述べた。

手術を主導した同病院の胸部外科医である伊達弘博士は、政府-19以来、重度の肺損傷のある患者に希望を与えたと述べた。

同氏は木曜日の記者会見で、「(生体ドナーからの)肺移植手術の選択肢があることを証明した」と語った。

京都大学医学部附属病院によると、昨年末、カンザス州西部の女性としか特定されなかった患者が、人工肺として機能する生命維持装置で数ヶ月間、ゴビット-19病と診断された。

Covit-19は彼女の肺に非常に大きな損傷を与えたため、肺は機能しなくなり、生き残るためには肺移植が必要でした。

女性の夫と息子は、肺の一部を寄付することを志願しました。 脳死したドナーからの移植は日本ではまだまれであり、直接ドナーがより良い選択であると考えられている、と病院は声明で述べた。

夫と息子は安定した状態にあり、女性は集中治療室にいます。 病院は彼が約2ヶ月で退院する可能性があると言った。

昨年6月、米国の外科医は、Govit-19患者に二重肺移植を成功裏に実施しました。これは、コロナウイルス患者にとって国内で最初のそのような手術であると考えられています。
先月、アメリカの外科医の一人 「政府から政府へ」 Covit-19を生き延びたドナーからの肺を使用した二重肺移植手術は、別の原因で死亡しただけで、60代の患者の肺がこの病気によって損傷を受けました。
A 調査 今年の初め、中国の武漢市で治療を受けた1,700人以上の患者のX線写真(感染のグラウンドゼロ)は、感染の数か月後に肺の損傷の証拠を示しました。
READ  NPBは密室に行く準備をしている