Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の千葉概要。 相次ぐ地震の衝撃、さらなる揺れの可能性:気象庁

日本の千葉概要。 相次ぐ地震の衝撃、さらなる揺れの可能性:気象庁





東京都港区虎ノ門地区に気象台がある。 【毎日・黒川真治】

東京 — 東日本の千葉県を震源とする一連の地震を受け、当局は引き続き警戒を呼び掛けており、3月2日までの数時間にマグニチュード5.0の地震が発生したと推定されている。

気象庁によると、2日午前1時49分ごろ、県南部の深さ20キロで地震があった。 全国の地震7件のうち4件が千葉県と和泉県で報告された。 点震度計。

未明まで南部と東部の沿岸地域でさらに多くの地震が発生し、そのうちの1回はマグニチュード3、4回はマグニチュード2となった。

3月1日と2月にマグニチュード5.2の地震が発生。 千葉東海岸では2月26日から地震が続いており、29日にはマグニチュード4.9の地震が発生した。 日本政府の地震調査チームは、さらに強い揺れが起きる可能性を指摘している。 震度5弱となっており、警戒が必要です。

【田中仁】

READ  ヒースロー&ガトウィック空港:米国、ドバイ、南アフリカ、日本、タイの最近の旅行規則