Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の半導体株が日経平均株価を7週連続上昇へ押し上げた

日本の半導体株が日経平均株価を7週連続上昇へ押し上げた

ケビン・バックランド著

[東京 5月26日 ロイター] – 米国の同業エヌビディアの好調な収益とその後の株価上昇が同セクターを引き続き押し上げたため、日本の日経平均株価は金曜日、チップ株の上昇に支えられて上昇した。

ベンチマーク指数は0.37%上昇し3万0916.31で終了し、週間で7回目の上昇となり、ここ5年で最長の連続上昇となった。

しかし、日経平均株価はこの日の高値から大きく離れて取引を終え、日中ブレイクに入った後は1%上昇して午後には下落した。

より広範な話題により、それまでの0.6%上昇は帳消しとなり、この日は横ばいの2,145.84で終了し、6週間ぶりの上昇を記録した。

火曜日に両指数が1990年以降の高値まで上昇した後、日本株は不安定な週となったが、その後は急激に反落した。

野村証券のストラテジスト、澤田麻紀氏は「一部のテクニカル指標はまだ買われ過ぎのシグナルを点滅させている。そのため、3万1000円を超えると日経平均が利益確定する可能性が高い」と述べた。

同時に、「日経平均がこれほど高い水準では、買いたくても買えない人がいる。そのため、株価が下落すると飛びつくのだ」と同氏は付け加えた。

14日間相対力指数(RSI)として知られる人気のテクニカル指標は70の基準を上回っており、今週を通じて市場が過熱していることを示している。 100点中75点です。

個別銘柄では、ニキ氏の業績はまちまちだった。 構成銘柄 225 銘柄のうち 70 銘柄が上昇、153 銘柄が下落し、2 銘柄が終値となりました。

日経平均で最もパフォーマンスの悪かったセクターはエネルギーで、原油は約1カ月ぶりの高値から急落し2.45%下落した。

最もパフォーマンスが高かったのはハイテク株で0.52%上昇した。

チップ製造装置会社の東京エレクトロンは4.44%上昇し、チップ検査機メーカーのアドバンテスト(エヌビディアを顧客に含む)は木曜日に16%上昇して3.92%となった。

両銘柄合わせて同指数は128ポイントとなり、この日の日経平均株価の合計115ポイント上昇を上回った。 (レポート:Kevin Buckland、編集:Sohini Goswami)

READ  BPは日本の海水JVを生産します-アップデート