Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の協力はカルナータカ州が2032年までに1兆ドルの経済夢を達成するのに役立つかもしれない

日本の協力はカルナータカ州が2032年までに1兆ドルの経済夢を達成するのに役立つかもしれない

在ベンガルール日本国総領事の中尼勉氏は金曜日、2022年10月現在、約228社の日本企業がカルナータカ州全域に537の事務所を設立しており、この数は増加の一途をたどっており、日本とカルナータカ州の貿易協力が着実に増加していることを示していると述べた。 。

同氏は「日本企業はインドを通じて輸出を拡大し、中東やアフリカ諸国に進出できる」と指摘した。

勉氏は、バンガロール商工会議所(BCIC)、PwC、印日ビジネス協議会(IJBC)が主催する「Make in India with Japan for the Globe」サミットで講演した。

同氏は、カルナータカ州と日本の企業間の協力により、2032年までに1兆ドル経済という同国のビジョンを大きく前進させる可能性があると述べた。

「日本とインドのビジネス協力は、日本の製造ノウハウと豊富な才能ある労働力に支えられたインドのIT能力を組み合わせることで、両国経済に相乗効果をもたらすだろう」と総領事は述べた。

キルロスカ・システムズの社長兼マネージング・ディレクターで豊田通商保険ブローカー・インドの社長であるギタンジャリ・キルロスカ氏は、インドの経済は比較的安定しており、日本企業にとって非常に強力で競争力のある製造サプライチェーンを構築するための大きな成長の可能性があると述べた。

同氏は、「化学産業など協力の可能性がある業界で両国がビーコンプロジェクトを開発できる大きな可能性があり、これは数十億ドル規模のチャンスとなる」と示唆した。

彼女によると、より新しく、より独立した製造プロセスを使用してサブアセンブリを現地化しようとしている防衛および航空宇宙産業は、もう一つの大きなチャンスであると述べています。

BCICのL・ラビンドラン会長は、BCICはカルナータカ州を投資先として促進するための3つの戦略を持って日本に事務所を設立し、カルナータカ州の実業家代表団を日本に連れ、日本からカルナータカ州実業家代表団を受け入れると述べた。 。

こちらは購読者限定の特集記事です。 毎月 250 以上のプレミアム記事を読むには

無料記事の制限を使い果たしました。 質の高いジャーナリズムをサポートしてください。

無料記事の制限を使い果たしました。 質の高いジャーナリズムをサポートしてください。

これが最後の無料記事です。

READ  アートコラボレーション京都の「落ち着いた雰囲気」が好調な売上につながった