Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の南の島に上陸したクジラは、救助活動中に死亡しました

日本南西部の奄美大島沖約3.5メートルのクジラが、住民の救助活動を無視して土曜日に死亡した。

地元のクジラとイルカの協会やボランティア消防団を含む約10人が、島の北端近くの辰子沖でクジラを救おうとしました。 しかし、海の怒りが彼らの試みを妨害し、数時間以内にクジラは死んでしまいました。

地元のクジラとイルカ協会のメンバーは、2022年4月16日に奄美大島の達子ビーチに上陸したクジラを再開しようとしています。 (京都)

協会によると、鹿児島県の島の外洋に生息するゴンドウクジラのようでした。 この最新のケースは、2018年以来の種を含む2番目のケースです。

救助活動中に、クジラは長さ約1.5メートルのカブを出産しましたが、発見されたときにはすでに死んでいました。

この事件は、今年、島でクジラまたはイルカの3番目のビーチになります。 死因を特定するために、協会は動物を解剖し、骨のサンプルとして保存することを計画しています。

クジラの救助活動には、地元の人を含めて約50人が関わっていました。 荒田健吾さん(42)は、クジラは「弱すぎて一人で泳げない」と語った。

2022年4月16日、奄美大島の達子海水浴場での救助に失敗した結果、最近生まれた鯨の子牛(後部)が写真に写っています。 発見の時までに、子牛はすでに死んでいました。 (写真提供:荒田健吾)(京都)

READ  日本はカタールのドーハにタリバンとの会談のための臨時事務所を設立する