Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の卸売価格は3月に1.0%上昇し、13ヶ月ぶりの上昇となった。

日本銀行は月曜日、原油価格の上昇と世界経済のCOVID-19パンデミックからの回復を反映して、同国の卸売価格が3月の前年比1.0%上昇し、13ヶ月ぶりの上昇を示したと発表した。

企業の商品価格は、2020年2月に前年比で最後に上昇しましたが、中央銀行の2%インフレ目標を下回ったままでした。 最新の増加は2月の0.6%の減少に続いた。

用語では、石油と石炭製品の価格は前月の6.0%下落した後、9.8%上昇しました。 中央銀行は、中国での旺盛な需要により、非鉄金属の価格が28.7%上昇したと述べた。 スクラップメタルの価格は、海外からの強い需要に牽引されて63.9%上昇しました。

日本銀行の関係者は、「価格の上昇は、米国と中国の経済の回復に牽引されたが、日本の需要は依然として弱い」と述べた。

3月の値上げは、1年前の原油価格の下落と、流行の初期段階における世界的な景気後退も反映しています。

日本銀行の関係者は、「日本の需要が流行が始まる前のレベルに戻ったと言うのは時期尚早だ」と付け加えた。

電気、ガス、水道の請求額は10.2%減少しました。 輸入価格は前年比5.6%上昇、輸出価格は5.5%上昇しました。

誤った情報と多くの情報の両方の時に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

READ  プライベートエクイティ会社のベインキャピタルが日本の巨大な東芝を買収する可能性があるとの報告