Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の厚生労働省は「アベノマスク」の残り物の要求を沈め、期限を延長する



2021年12月1日、東京近郊の倉庫で、日本政府が購入した布製マスクが入った箱が見られる(Mainichi / Takehiko Onishi)

東京発-コロナウイルスの大流行の初期に日本政府のマスク配布プログラムから残っている数千万枚の布製マスクの注文は、個人や組織からの注文の流入後、2週間延長されると保健省は発表した。 1月11日。

通称「アベノマスク」と呼ばれるマスクは、2020年に当時の安倍晋三首相の政権によって購入されました。 しかし、2021年末現在、そのうちの約8000万円、115億円(約9980万ドル)がまだ保管されていました。

厚生労働省は、2021年12月24日に残りのマスクの一部を一般に公開し、今年1月14日まで申請を受け入れる予定でした。 しかし、同省は1月6日までに約8万5000件の申請を受けた後、期限を1月28日まで延長した。 これらのアプリケーションは少なくとも850万個のマスクを占めており、アプリケーションは100単位で受け入れられていますが、その数はまだ8000万個とはほど遠いものです。 リクエストの多くは個人からのものだったようです。

同省の関係者は、「スキームを完成させることなく、できるだけ多くの人に配布したい」と述べた。

安倍氏の経営陣は、日本のすべての家庭に2枚の布製マスクを配布することを目指していましたが、プログラムは、汚れ、カビ、虫の侵入などの製品の問題に悩まされていました。 「ジャンク」だったので未使用のマスクを返却する人もいました。

2020年8月から2021年3月までの間に残りのマスクを備蓄するだけで日本政府に約6億円(約520万ドル)の費用がかかりました。岸田文雄首相は2021年12月にマスクを欲しい人に渡すことを決定し、政府に今年の3月末までにマスクを取り除いてください。

マスクの入手方法については、厚生労働省のウェブサイトhttps://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/mask_haifu_kibou.htmlをご覧ください。

(生活・医療ニュース部神橋俊輔による日本語原文)

READ  最新のコロナウイルス:オーストラリアは、デルタがシドニー全体に広がるにつれて、1年で最高の1日合計を記録します