Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の厚生労働省委員会がコロナウイルスワクチン接種プログラムの将来について話し合う

日本の厚生労働省委員会がコロナウイルスワクチン接種プログラムの将来について話し合う

日本の厚生省委員会の専門家数人は、国の無料の COVID-19 ワクチン接種プログラムの継続を求めています。

専門家委員会は木曜日に会合し、4 月からのプログラムの管理方法について話し合った。 スコアには、より多くの予防接種が必要かどうか、誰が対象となるか、予防接種のタイミングと頻度が含まれます。

日本でのウイルスの拡散を防ぐための緊急措置として、コロナウイルスに対する無料のワクチン接種が提供されています。 現在行われている注射は、オミクロンの亜種とそれ以前の株を標的とする、いわゆる二価ワクチンです。 この措置は3月末まで有効です。

会議の専門家は、ウイルスがどのように変異するかは不明であるため、既存の二価ワクチンは3月以降も引き続き利用可能であると述べました。

深刻な病気のリスクがある高齢者やその他の人、および医療関係者は、追加のブースターの資格があるべきだと専門家は述べています。

彼らはまた、後の段階で最初の予防接種を受けた子供やその他の人々は、4月まで2回目と3回目の接種を許可されるべきであると述べました.

パネルの専門家の何人かは、COVIDワクチンは今のところ無料で提供され続けるべきだと述べた.

注射の間隔に関して、多くの専門家は、社会の機能を維持するために、人々は少なくとも年に1回はワクチン接種を受けるべきであると述べました.

コロナウイルスの発生は秋と冬の季節に限定されないため、6か月ごとにブースターショットを取得できるようにするよう求める人もいます.

保健省は、委員会で提出された意見を検討し、3月末までに計画を立てると述べています。

READ  NASAのハッブル宇宙望遠鏡はセーフモードでグリッチを経験しています