Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の厚生省は584万人と推計している。  2040 年の認知症高齢者

日本の厚生省は584万人と推計している。 2040 年の認知症高齢者

日本の保健省は、団塊の世代が65歳以上になる2040年には、認知症高齢者の数が584万人を超えると推計している。 この数字は、高齢者の総数の約 15 パーセントに相当します。

保健省所属の研究チームが全国から4つの自治体を選んだ。 市区町村では医師が65歳以上の高齢者を対象に認知症の診断を行った。 研究チームは各自治体の高齢者の認知症有病率を計算し、全国の将来の数値を推計した。

9年前に実施された前回調査では、2040年には802万人が認知症に苦しむと推計されていた。

研究チームは、生活習慣病予防策の改善や健康意識の変化によって認知機能の低下が抑制された可能性があるため、後者の推定値は低くなっているとしている。

最新の調査では、軽度認知障害があるが認知症と診断されていない人の数が、2040年には612万8,000人に達すると初めて推計されている。これらの人々は記憶障害はあるものの、日常生活には問題がない。

研究チームによると、軽度認知障害のある人は認知症を発症することが多いという。 しかし、運動をしたり、栄養価の高い食べ物を食べることで、症状の進行を遅らせることができるかもしれないと彼女は言う。

専門家らは、家族構成の変化などにより、認知症の一人暮らしは今後さらに増加すると予想している。 彼らは、家族への支援が限られているため、地域社会が早急に支援策を考え出す必要があると主張している。

READ  ジェイムズウェッブ宇宙望遠鏡チームは、重要な日焼け止めを塗る前に休憩します