Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の反延期ホテルでのコーヒー、紅茶、中毒

日本の反延期ホテルでのコーヒー、紅茶、中毒

東京:締め切りに直面している作家は、理解を持って東京の原稿カフェに行きます-彼らは仕事が終わるまで去ることができません。

ああ、彼らがフックダウンすることを確実にするためのトリガーがあります。

東京西部の清潔で明るい場所に、作家、編集者、漫画家、そして書かれた言葉やタイムラインに苦労している人のために10席が予約されています。 コーヒーと紅茶は無制限でセルフサービスで、高速WiFiとトークボードが各座席に設置されています。

顧客は、入力し、名前を書き留め、目標を書き留め、完了する予定の時間を書き留めます。 彼らはまた、彼らが働いている間に進捗チェックを求め、彼らが「軽く」そして支払いを終えたかどうか尋ね、そして毎時のチェックインは「正常」であるかもしれません。

「タフ」を選ぶ人は、後ろに立つことが多い従業員からの静かなプレッシャーを感じるでしょう。

オーナーの川井拓也さん(52)とある作家は、厳格なルールが人々の集中力を高めると信じていると語った。

「カフェはソーシャルメディアで話題になっていて、ルールが怖い、後ろから見ているような気がします」と川井氏は、仕事を終えて去ったばかりの顧客の名前が書かれたボードを表示しました。

「しかし、実際に監視するのではなく、私は彼らをサポートするためにここにいます…その結果、彼らは3時間で完了するのに1日かかる、または通常3時間かかるタスクを完了すると考えていました。」

READ  「私の目標はレアル・マドリードの一員になることです」-日本のスター久保は、リガのリーダーのためにプレーするという夢を実現するために「すべてを与える」ことを誓います