Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の味に飢えている

バンコクモールにあるシャブレストラン。

タイの日本食レストランの数は昨年 20% 以上増加し、外国の同業者を追い越して、引き続きレストラン市場を支配する態勢を整えています。

日本貿易振興機構(ジェトロ)の最新の市場調査によると、2022年のタイの日本食レストラン数は、前年比21.9%(955)増加し、5,325店舗となり、15年ぶりの高成長となった。

特に、バンコク周辺の地方やその他の地方では、日本食レストランの数が大幅に増加しています。

それはまだ起きている

2022 年のバンコクの日本食レストランの数は、前年の 2,073 から 2,394 に増加したと、ジェトロの社長兼 ASEAN 代表の黒田純氏は述べ​​た。

地方では、2021 年の 2,297 軒から 2,931 軒に増えました。

寿司店は1,431店、メニューの豊富な店は1,273店。 残りはラーメン、すき・しゃぶ、居酒屋、焼肉・BBQ、喫茶店、どんぶり、カレーなどでした。

ラーメンと居酒屋は、2022 年に最も高い成長を遂げた上位 2 つのカテゴリであり、鉄板焼きとお好み焼きは、アウトレットの成長が最も低かった。

何年も続いているパンデミックは、大きな影響を与えました。 独立店、チェーン店を問わず、約105の日本食レストランが廃業した。

ジェトロによると、日本食レストラン事業は 2019 年の水準の 70 ~ 90% まで回復しました。

多くの消費者はオンライン チャネルを通じて日本食を注文しますが、2020 年から 2021 年の流行のピーク時よりもペースが遅くなります。

さらに、ジェトロによると、原材料の高価格が日本食レストラン事業に悪影響を及ぼしている。

タイの日本食レストランの大半は営業を再開しました。

今年の日本食レストランの活発な拡大の明確な兆候は、禅レストランの運営者である Zen Corporation Plc、AKA などの主要チェーンから現れており、Oishi Group Plc は 1 月初旬に拡大計画を発表しました。

新たな日本食レストランのブランドも市場に参入することが期待されています。

その結果、店舗のデザイン、商品の提供、雰囲気、商品とサービスのイノベーションに関して、この分野で多くの変化が予想されます。

業界関係者は、コストを削減し、消費者の利便性を高めるために、より多くのテクノロジーの採用を期待しています。

フューチャー パーク ランシット内にある総一郎寿司レストランの支店。


Zen は拡張モードです

Zen Corporation の CEO である Boonyong Tansakul 氏は、日本食レストランの拡大は地方に向かう可能性が高いと述べた。

Boonyong 氏は、日本経済の回復に伴い、高級日本食レストランは購買力の向上から恩恵を受けるだろうと語った。

技術が受け入れられるようになる一方で、マーケティングは以前よりもインターネットに移行するだろうと彼は述べた。

Zen Corporation は、今年 10 ~ 15 の AKA レストランをオープンする予定です。

「今年は地方の日本食レストランの数を拡大します。メニュー、店のレイアウト、価格、プロモーションは、地元の消費者に合わせて調整されます。最も重要なことは、レストランのフォーマットが若い顧客により適したものになるように設計されることです。」ブニョンは言った。

「市場競争と消費者行動の変化により、日本のレストランは提供内容を変更する必要があります。」

2023 年には、グループはすべてのレストラン ブランドで QR コード決済とセルフ オーダーを実装し、タッチ汚染に対する消費者の懸念を軽減することを計画しています。

大石グループは楽観的

大石グループ社長のヌンノック・プラナシットクル氏は、日本食が健康的であると広く認識されているため、新型コロナウイルスの感染が減少しても日本食レストランの人気は続くと考えていると語った。

彼女は、この認識は、流行期後の健康食品に対する消費者の需要の高まりに適合していると述べました.

「ほとんどのタイの消費者は日本食レストランに精通しています。私たちはレストランのコンセプトを、さまざまな製品価格レベルで、よりアクセスしやすいものに拡大していきます。」

大石氏は今年、多額の投資を再開する予定で、これまでの平均年間 15 ~ 20 店舗から 30 の新しい日本食レストランのモデルとカテゴリが期待されています。

価格に見合った価値と利便性を好む顧客にサービスを提供するために、より多くの大石ビズトロ支店が展開されると述べた。

同社は昨年、アユタヤ中心部にオーイシ ビズトロの最初の支店を開設し、現在 8 店舗を運営しています。

オチグランデでサーモン、マグロ、エビの薄切りを提供。

Nongnuch 氏は、今後 3 年間で毎年さまざまな形式で 30 の新しいレストランをオープンすることを目指しながら、主にバンコクのフランチャイズ加盟店を通じて 10 ~ 15 の Oishi Biztoro 支店をオープンする予定であると述べました。

大石は、日本最大の魚介類市場である豊洲市場など、世界中の主要な生産者から厳選された食材を調達することで、製品の品質を向上させてきたと彼女は語った.

Nongnuch 氏によると、以前は 100% セルフサービスのビュッフェ アウトレットから移行したため、今年はビュッフェと個別の注文を組み合わせた混合形式の支店がさらに導入される予定です。

「日本の製品はタイ人にアピールするので、日本食レストランは市場を支配し続けるだろう。それは健康とウェルネスのトレンドに沿っている」と彼女は言った.

「日本食レストランもさまざまな選択肢を提供しているため、定期的な訪問が促進されます。プレミアムクラスのカテゴリーが成長しており、小さなレストランがさらに出店するでしょう。」

CRG はスケーリングの準備ができています

Central Restaurant Group (CRG) の Nath Vongvanich 社長は、日本食レストランのポートフォリオが昨年の第 4 四半期以降、着実な成長を取り戻していると語った。

同社は 2022 年にあらゆる形態の 22 の日本食レストランをオープンし、収益を 46% 押し上げて 21 億バーツに伸ばしました。これは、Covid 危機の前に記録した収益とほぼ同じです。

CRGは、日本で最も人気のあるラーメン店であるペッパーランチ、チャブトンラーメン、吉野家、大戸屋、テンヤ、かつや、ラーメン花月嵐を含む7つのブランドで21​​8の日本食レストランを運営しています。

日本料理セグメントは、CRG の収益の 20% を占めています。

「新型コロナウイルスの感染が収まるにつれ、外食産業は回復し始めています。特に日本食レストランは全速力で成長する態勢を整えています」と Nath 氏は述べています。

同社は、合弁事業やフランチャイズを通じて、今年もポートフォリオに新しい日本のカテゴリーを追加し続けることを約束しています。 焼肉としゃぶはパイプラインの 2 つのクラスです。

彼はまた、CRG はまた、今年の新しい日本のブランドを除いて、2 ~ 3 のブランドにわたって 15 の日本食レストランをオープンする予定であると述べました。 同社は今年、日本食レストランを拡大するために 1 億 3000 万バーツの投資を確保しました。

「日本食レストラン間の競争は非常に激しく、参入障壁がほとんどない新しいプレーヤーが次々と出現しています。新しいプレーヤーは、独自のトリックを使用して同業他社との差別化に成功しています」と Nath 氏は述べています。

AKA Shabu Japanese Restaurantの支店。


絶好の機会

日本のスシロー回転寿司のオペレーターであるスシロー GH (タイランド) のマーケティング ディレクターであるペンプロイ ライシン氏は、同社は流行の最中に 2021 年に市場に参入して以来、継続的な成長を記録していると述べました。

同社はバンコクで 13 の宗一郎レストランを運営しています。

「タイの顧客は日本文化に惹かれ、他の種類の料理よりも日本食を消費するため、ビジネスを拡大するためにタイを選びました」とペンプロイ氏は述べています。ここは絶好のチャンスです。」

彼女は、スシロー GH は、今後数年間で毎年 5 ~ 6 軒のスシロー レストランをオープンし、今後 2 ~ 3 年で僻地での市場機会の探索を開始する予定であると述べました。

READ  先史時代の鹿の骨は、世界で最も古い芸術作品の1つであると考えられています