Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の商社は紅海での輸送コストの高さを懸念

日本の商社は紅海での輸送コストの高さを懸念

日本の大手商社は、イエメン反政府勢力フーシ派による最近の紅海での船舶攻撃を受けて輸送コストの上昇に警戒を強めている。

住友商事は、鉄鋼や化学薬品をアジアから欧州に輸送する際、紅海航路を避け、南アフリカの喜望峰を迂回するため、コストが上昇する可能性があると述べている。

出荷に時間がかかるため一部の発注を予定より早めており、一部の商品については空輸も検討している。

諸岡礼二最高財務責任者(CFO)は月曜日のオンライン記者会見で、欧州における同社のサプライチェーンには限界があると述べた。 しかし同氏は、状況がビジネスに悪影響を及ぼさないように顧客やサプライヤーと協力するつもりだと述べた。

豊田通商はまた、トルコ近郊の生産拠点に自動車部品を輸送する際に代替ルートが必要となり、コストが上昇することへの懸念を表明した。 同社は、アフリカなどでボート価格が上昇した場合、2024会計年度末まで同社の事業に影響が出るだろうと付け加えた。

岩本英幸最高財務責任者(CFO)はオンライン記者会見で、紅海道路を巡る状況は最近の業績にまだ影響を及ぼしていないと述べた。 ただ同氏は、コスト上昇が3月までの3カ月間と2024会計年度までの業績に影響を与える可能性があると述べた。

READ  グジャラート州:日本の三菱UFJ銀行がGIFT Cityから営業を開始