Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の国会が世界最大の貿易協定を承認

アンカラ

昨年11月、日本は、世界最大の自由貿易協定である地域包括的経済連携(RCEP)により、中国を含むアジア太平洋15カ国の封印を承認した。

京都ニュースによると、この取引は国会として地元で知られている国会によって承認された。 しかし、この取引は今年末までに発効する予定です。

RCEP協定は、中国、オーストラリア、日本、ニュージーランド、韓国、ブルネイ、カンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポールを含む10の東南アジア諸国連合(ASEAN)のメンバーで構成されています。タイとベトナム。

RCEPが完全に機能すると、世界のGDP、貿易、人口の約30%をカバーする自由貿易地域が形成され、近代史上最大の貿易協定になります。

「自由貿易を促進するための投資と知的財産に関する一般規則」を認めながら、加盟国間の商品の91%の関税を撤廃することが期待されています。

これまで、中国、タイ、シンガポールはこの協定を完全に批准してきました。
日本は初めて、中国と韓国の両方がパートナーである貿易協定を締結しました。前者は最大かつ3番目に大きな貿易相手国です。

東京は、この取引が世界第3位の経済を後押しし、2.7%成長し、57万人の雇用を創出すると見込んでいます。

6人のASEAN加盟国と3人の外部加盟国がRCEPを承認してから60日以内に発効します。

アナドル通信社のWebサイトには、AA News Broadcasting System(HAS)によって購読者に提供されるニュースの一部のみが省略形で含まれています。 サブスクリプションオプションについては、お問い合わせください。

READ  4.1マグニチュードの地震が北海道留萌市留萌市を揺るがす