Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の国会のスポークスマン事務所は、出版社のセクハラの申し立てに抗議しました





細田博之衆議院議長(ミニチ)

東京発-細田博之衆議院議長室は5月23日、細田博之に対するセクハラの疑いを報じた週刊誌の記事が「完全に虚偽」であるとの抗議の手紙を出版社に送った。

5月19日文藝春秋株式会社週刊文春が発行した細田容疑者は、夜に女性記者を自宅に呼び、セクハラを繰り返したが、抗議書簡は、検証されておらず、真実ではないと述べ、報道を否定した。 。

手紙はまた、細田が記者との接触において「男性と女性を差別」しなかったことを強調した。 細田さんのアパートは「シートの山であり、他人を呼ぶ場所ではない」とのことで、「とても残念で、強く反対している」とのこと。

衆議院議事規則・行政委員会の会合で、野党は細田氏の説明を求めた。

(日本の情報源Soon Lee、政治ニュース局)

READ  デジタルプロジェクトは日本の昔をよみがえらせる