Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の国境の取り締まりは学生を拘束し、経済は拘束します

2022年1月25日、日本の東京で、コロナウイルス(COVID-19)の大流行の中で、保護フェイスマスクを着用した通行人がイザカヤバーの路地を歩きます。REUTERS/加藤一佐

今すぐ登録して、Reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

東京(ロイター)-コロナウイルスの蔓延を防ぐために日本が国境を閉鎖してから2年後、約15万人の留学生が入国できず、生活を混乱させ、大学に問題を引き起こした政策によって行き詰まっている。 と企業。

大規模な研究室から小規模な私立大学まで、留学生や研究者の不在が感じられており、日本が人口減少に苦しんでいる中で、海外の才能と授業料の重要性が浮き彫りになっています。

岸田文雄首相はウイルスを阻止する政策が人気を博しているが、一部のビジネスリーダーは、特に労働市場が逼迫しているため、経済的影響について警告している。

今すぐ登録して、Reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

はっきりしないのは、日本の「ソフトパワー」、特に世界中での学術的評判に対する長期的な打撃です。

理化学研究所の理化学研究所では、遺伝学者のピエロ・カルニンチがその効果を直接目にしていると述べています。 日本はゲノム研究のためのバイオインフォマティクスの研究者が不足していますが、過去2年間、外国人の才能とのギャップを埋めることができませんでした。

「確かに、私の研究室は減速しており、この種の分析に焦点を合わせています。私たちは苦労しています」と、受賞歴のある遺伝学研究が60,000件の論文で引用されている理研の副所長であるCarnencheは述べています。

「同じ国ですべての専門知識を持っているわけではないので、科学の国際化は確かに重要です。」

多くの国は、コロ​​ナウイルスの蔓延を防ぐために国境を閉鎖しています。

米国では、2020年の秋に留学生の入学者数が前年と比較して43%減少しましたが、昨年は80,000近くの未使用の移民就労ビザが失効しました。

しかし、日本はG7諸国の中で最も厳しい国境を持っており、2020年3月以降、すべての新規非居住者を事実上禁止しています。COVID-19の目標がゼロの中国だけが、主要経済国の中でさらに閉鎖しました。

賭け金は高いです。 政府の調査によると、昨年、日本はインドに次ぐ注目すべき科学論文の出版で世界第10位に落ちました。 20年前は4位でした。

「オウンゴール」

日本の私立学校推進相互扶助財団の関係者によると、2021年には日本の4年制私立大学のほぼ半数が1年生のすべての場所を埋めることができず、前年から15パーセントポイント増加しました。これは私立の教師を表しています。

日本人学生の減少が最大の理由であるが、留学生の減少も感じられたという。

100人以上の国際関係の学者と専門家が岸田に先週国境を再開するように求める手紙に署名した。 ドアを閉めた人々は日本大使館の外で抗議し、学生とスタッフの入国を求めるオンライン請願書は33,000以上の署名を獲得しました。

政府は先週、87人の州が後援する学生を除外して受け入れると述べた。

「これは、何十年にもわたってソフトパワーを巧みに利用した後の日本の大きな目標です」と、最近日本を離れて英国の研究職に就いた社会学者のウェズリー・チークは述べています。

「日本で研究を続けるために通常助成金を申請する私のような人々は、予見可能な将来の許可を取得する必要があります。」

留学生は日本でアルバイトをすることができ、コンビニエンスストアのような場所で、外国人労働者の受け入れを長い間警戒してきた国で、日本人が「1対1」の労働者と呼ぶものを伝統的に提供してきました。

コロナウイルスの前でさえ、労働需要を満たすのに十分な留学生がいなかったと、サービスおよびテクノロジー企業の国際的な採用コンサルタントである柴崎陽平氏は語った。

彼は、パンデミックの前に日本の貿易学校と語学学校から約17万人の学生がいて、そのほとんどがパートタイムで働いていたと推定しました。

外国人技術者を雇用している電子商取引グループ楽天の三木谷浩史最高経営責任者(CEO)は、制限は実質的に効果がなく、「経済にとってマイナス」であるため、再検討する必要があると述べた。

何年もの勉強を夢見ている留学生の窮状は、悲痛なものになる可能性があります。

ソーシャルメディアやインタビューでは、深夜にオンラインで受講した授業料の支払い、奨学金の喪失、変化を待つ数か月のストレスについて説明しています。

貯蓄を使い果たした人もいます。 何人かはあきらめて他の場所に行きました。

留学を促進する機関を運営するデビッド・ロッシ氏は、日本はもはや東アジアでの研究と研究の主な目的地ではなく、韓国に行く学生が増えていると語った。

韓国の理科の学生であるソジンソンさん(20歳)は、奨学金を失いましたが、オンラインクラスの研究室での仕事をしようとしています。 彼女は11月に再び日本への入国を拒否された。

「私は本当に日本が好きでしたが、今は裏切られたと感じています」とソンは言いました。

今すぐ登録して、Reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

(RockySwiftとElaineLaisによる報告)、RockySwiftによる執筆。 David Dolan、RobertPercellによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  Kioxia-Western Digitalの取引は、日本と米国で同等のハブを保証する必要があります-トップ議員