Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の地方議員が女性同僚に制服を着るように言ったとして警告を受けた

日本の地方議員が女性同僚に制服を着るように言ったとして警告を受けた





(毎日)

福岡県飯塚市 — 日本の南西部のこの都市の議員が、同僚の女性にセーラースタイルの学校の制服を着るように求めたとして、5月30日に戒告を受けた。

飯塚市議会の江口徹議長は30日の市議会協働環境委員会で、同僚女性(57)らに対する差別的な発言をした藤間竜太議員(35)を厳重注意した。

日本ではセーラー襟のブラウスやプリーツスカートが女子中高生の定番です。

関係者によると、藤間氏は男女平等推進について「建設労働者の団体など、(この問題に)あまり関心のない人たちのところに行かないといけない」と語った。 同氏はまた、ある議員の名前を挙げ、「彼女がセーラー服を着て発言すれば」動画の再生回数が増えるだろうと述べた。 委員会後、議員らが江口氏に報告した。

藤間さんは毎日新聞の取材に「セーラー服については、変なことをしたら注目されると思った。周囲に不快な思いをさせて申し訳ない」と話した。 女性議員らに謝罪したとみられる。

藤間氏は4月の市議選に日本維新の党公認候補として立候補し、得票数2位で初当選した。

【荒木敏夫】

READ  東京と大阪のシネマ、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは6月1日に再開 - 締め切り