Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の地震で家が倒壊した5日後、90歳の女性が瓦礫の中から奇跡的に救出された

日本の地震で家が倒壊した5日後、90歳の女性が瓦礫の中から奇跡的に救出された

  • 蘇州の女性は月曜日の地震以来生きている

126人が死亡した大地震から5日後、西日本で倒壊した家屋から90歳の女性が生きて救出された。

月曜日のマグニチュード7.6の地震の後、石川県珠洲市の女性が124時間生き残った。

通常、最初の 72 時間後に生存の可能性は減少します。 兵士や消防士などが広範な活動に参加し、ここ数日間で劇的な救出劇が数多く報告されている。

死亡した126人の中には5歳の男児も含まれていた。

石川県で最も被害が大きかった地域の当局者によると、容体が突然悪化し、金曜日に死亡した。

2024年1月6日土曜日、石川県珠洲市で倒壊した家屋から90代の女性が生きたまま救出される際、ブルーシートを使用する警察官。
複数の地震から124時間後の2024年1月6日、石川県珠洲市で倒壊した家屋から90歳の女性が救出された。

この反発により、さらに多くの家屋が埋まり、救援物資の配送に重要な道路が封鎖される恐れがあった。

当局は、すでに亀裂が入っている道路は完全に崩壊する危険があると警告した。 一晩から日曜日にかけて雨や雪が予想されるため、そのリスクは高まっています。

死者は輪島市が69人、珠洲市が38人となった。 500人以上が負傷し、そのうち少なくとも27人が重傷を負った。

揺れにより道路には屋根が残り、その下にあるものはすべて崩れ落ちました。 道路は封鎖され、輪島市では火事で近隣一帯が灰燼に帰した。

数は変動するものの、200以上がまだ見つかっていない。 アナミスでは倒壊した家屋2軒の下敷きとなり、11人が閉じ込められていると報告されている。

近くの北朝鮮からは異例の形で、金正恩朝鮮労働党委員長が日本の岸田文雄首相にお悔やみのメッセージを送ったと国営朝鮮中央通信が報じた。

複数の地震から124時間後の2024年1月6日、石川県珠洲市で倒壊した家屋から90歳の女性が救出された。
複数の地震から124時間後の2024年1月6日、石川県珠洲市で倒壊した家屋から90歳の女性が救出された。

1月金曜日、地震に見舞われた石川県珠洲市で家屋や瓦礫が倒れる。 2024 年 5 月
2024年1月4日木曜日、津波に襲われた石川県珠洲市の海岸で車や家屋が被害を受ける。
2024年1月3日、石川県珠洲市で津波で流された車両が山積みになっている。
2024年1月4日、元旦に石川県能登地方を襲った大地震後、石川県珠洲市で生存者の住居を捜索する救助隊の隊員。
2024年1月5日、元旦に能登地方を襲ったマグニチュード7.5の地震後、石川県輪島市で倒壊した建物を点検する警察官。
2024年1月6日、元旦に能登地方でマグニチュード7.5の地震が発生した後、石川県穴水市の古い舗道で立ち往生した車の隣で、新しく建設された道路を進む交通。

日本はこれに先立ち、ジョー・バイデン米国大統領や他の同盟国から同情と援助の約束を受けていた。

日本政府の林芳正報道官は記者団に対し、日本は北朝鮮からのニュースを含むあらゆるニュースに感謝していると語った。

林氏によると、日本が最後に北朝鮮から災害に対する哀悼のメッセージを受け取ったのは1995年だった。

日本の沿岸部では電力は徐々に復旧しつつありますが、水道の供給は依然として限られています。 緊急用の飲料水システムも被害を受けた。

数千人の軍隊が、講堂、学校、その他の施設に避難している3万人以上の人々に水、食料、医薬品を輸送した。

READ  日本、他の国々はカブールの外交使節団を更新したい-ロシアの政治と外交