Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の夏の暑さは、アスリートにとってオリンピックレベルの挑戦です

日本の暑さと湿気は東京オリンピックに出場するアスリートにとって大きな障害となっており、主催者はそのような状況が健康を危険にさらすのを防ぐために適切な措置が講じられていると主張しているにもかかわらず。

札幌北部では、2000℃以来初めて気温が35℃に達し、アスリートの体力や健康への影響が強まっていることから、マラソンや競歩などのトレランスイベントが開催されています。

首都の灼熱の夏の暑さの中、2021年8月1日の東京オリンピックで3,000メートルの障害物競走の第1ラウンドに出場する選手たち。 (京都)==京都

7月23日のオリンピックの開始以来、首都の猛暑は、水銀が数日で34℃に上昇することで、すでにアスリートにとって人生最大の競争である可能性があります。

テニスの試合の開場時間は午後に延期され、世界第1位のノバクジョコビッチと第2位のダニールメドベージェフを含むプレーヤーが真昼の太陽の下でプレーすることの危険性について不満を述べました。 ロシアの射手は予選中の暑さで倒れたと言われています。

7月26日の男子イベント後、トライアスリートが地面に倒れる様子が撮影され、ノルウェーの金メダリスト、クリスチャン・プラメンフェルドは、トレーニング中に日本の気候に適応するために一生懸命働いたと語った。

消防庁によると、全国で7月19日から25日までの間に、熱関連の事件で8,122人が入院し、先週報告された症例数の2倍以上になった。

オリンピックの主催者は、耐熱対策の一環として、一部の競技会にフォグファンとアイスバスを設置し、アスリートの水分補給のためにウォーターボトルを用意しました。 彼らはまた、プレーヤーのラウンジは空調されるだろうと言った。

メドベージェフはテニスの試合中に、国際テニス連盟の開会式の5日後の午前11時から午後3時までトーナメントが始まると発表する直前に、「コートから落ちる準備ができている」と記者団に語った。 オリンピック。

2021年7月28日、ロシアオリンピック委員会のダニールメドベージェフは、首都のアリアックテニスパークで行われたイタリアのファビオフォニーニとの東京オリンピック男子シングルスの第3ラウンドで汗をかきました。

「私はきちんと呼吸できませんでした」と彼は言いました。 「各ポイントの間に暗闇がありました。気分を良くするために何をすべきかわかりませんでした。私は腰をかがめていましたが、息を合わせることができませんでした。」

アリアックテニスパークに配属された女性ボランティアは、最高のアスリートがこれらの罰則の下でプレーすることは「無礼」だと思ったと語った。

「こんなに蒸し暑い中でプレーしなければならないとしたら、将来東京でプレーすることを考えているアスリートはいないと思う。とても失礼だと思う」と彼は語った。

彼女の移行は家の内外での作業のサイクルであり、主催者は彼女に飲み物と冷却パッドを提供したため、ボランティアは彼女のボランティア活動が身体的に困難であることに気づいていませんでした。

組織委員会はオリンピックスタッフの間で30の熱関連の病気を報告しました、そのほとんどはボランティアと契約労働者の間です、しかしそれはまだうまくいっています。

組織委員会の武藤敏郎最高経営責任者(CEO)は、日曜日の記者会見で、「体温計は私たちにとって非常に重要であると信じている」と語った。 「これは私たちが見続けなければならないことです。」

「コロナウイルスが問題になる前の最大の課題は、東京オリンピックの耐熱対策を講じることでした。

「私たちの対応はこれまでのところうまくいったと思います。」

ゲームはコロナウイルス感染のために密室で開催されることが多いため、主催者は何百万人もの人々が最初にイベントを見に行くことを心配する必要はありません。イベントの中には数時間しか続かないものもあります。

チームは先月、気象庁の支援を受けて、気温、湿度、風の状態などの場所レベルのデータを提供するために気象情報センターを立ち上げました。

「特に日本人ではないので、アスリートが競争するのは難しいと思う。アスリートの安全と健康を優先すべきだ」と日本のオリンピックファンであるヒロキ忍は語った。

「主催者は気温がこれほど高いと予測できたかもしれない。現在の状況を防ぐことができたのではないかと思う」と彼は語った。

東京が8年前に2020年オリンピックに入札したとき、東京はその立候補で、「数日間の穏やかで晴れた天候で、この期間はアスリートが最高のパフォーマンスを発揮するのに最適な気候を提供します」と述べました。

オリンピックのスケジュールで最も体罰が残っているマラソンと競歩は、首都の猛暑から逃れるために、2019年に北海道北部の本島の札幌に移されました。

しかし、気象庁は、週末の男性と女性のマラソンの水銀は34℃にもなると予測しています。

READ  日本の日経マージンは輸送在庫を押し上げる