Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の夏の音が想像の中で響き渡る

昆虫学者によると、日本には30種以上の昆虫が嫌いで、忍び寄る、忍び寄る、忍び寄る生き物に遭遇しないとのことです。 半分 (Chicotas)、断続的なズキズキ、その男性は長さ4cmまで測定することができます。 何世紀にもわたって続いてきた日本の芸術と詩のこれらの有名な誤りとそれらの大声で独特の歌のバリエーションは、日本の夏の不滅の象徴です。

東京地方では、今年の9月上旬の雨と日光の当たらない許されない週が衰え始め、流行の不安と過敏症を引き起こしました。 しかし、すべての公園や庭に潜むセミを抑制したり、すべての竹や小さな常緑樹に閉じ込めたりすることはできません。 この視聴者にとって、地域の緊急事態が繰り返し拡大するにつれて、ウイルスの危機は拡大し続け、他のありそうもない都市の音は夏の未知の記念碑になります。

その大きくて高価で奇妙なポンツーンでは観客が許可されなかったので、彼らは偽の東京オリンピックで競技者を応援する群衆の歓声を含んでいませんでした。 同様に、シーズン中、渋谷のような普通のにぎやかな地区でさえ、異常に感情的になり、レストランは時期尚早に閉店し、多くの東京は公衆衛生当局の家にとどまるように真剣に勧めました。

このような静かな環境の中で、首都の通りを散歩する人は、耳を開いて日常の音、さらには騒音を音楽と見なした20世紀のジョンケージなどの前衛的な作曲家からメモをとることができます。 あるいは、私たちの馴染みのあるアラルの文脈からの断片が音楽システムの統合された出発点として役立つ可能性があると提案した初期の具体的な音楽理論家の視点に触発されているかもしれません。

そのような美的アイデアを念頭に置いて、この夏、蝉の喧騒とともに、「こんにちは、こんにちは、こんにちは」という有益でストレスの多い呼びかけがあります。 ガソリンスタンドのアシスタント、働く馬のトヨタ、または洗練されたBMWから、フルサービスの場所から出たBMWは、通りの交通の流れに、季節のアンビエントサウンドトラックにシームレスに溶け込みます。

チカダスが泣き言を言うと、ガソリンスタンドのアシスタントの声が響き渡り、ユーザーの車を道に導きました。 (エドワードM.ゴメスによる写真)

東京都心の南西にある中目黒のような近所で、果物とふわふわのクリームが入ったメガサイズのサンドイッチを売る小さな店が、常に歌姫に並んでいる顧客の熱心な期待を叫びます。 (これは サント、九州南部の宮崎県産で、特に爽快感を呼び起こすことで知られる高品質のマン​​ゴーが密集している。)

レジで働いている店員や、近くのコンビニエンスストアに棚を置いている店員さんからの簡単な挨拶が、夏のバックグラウンド「音楽」「いつも」の一部になりました。இராஷைமாசே!“(” Welcome! “)、彼らの特別な友愛の方言では、単なる ” rasai ”以上のものです-または時には友好的なつぶやきです。

フルーツとふわふわのクリームがたっぷり入ったメガサイズのサンドイッチを販売するディーバには、お客様が並んでいます。 高品質のマン​​ゴーの厚いスライスから作られたサンドイッチは、特別な興奮を引き付けることが知られています。 (エドワードM.ゴメスによる写真)

CDプレーヤー、あいさつ文の無限ループのログを備えた店、新商品や販売品の横の棚にエキサイティングな売り込みがあり、今シーズンの音の雰囲気に独自の方法で貢献しました。 すべてのサイトにビジネスへの熱意を持って浸透した人々も同じことをしました。 ドンキゾットバーゲンショップチェーン「ドン、ドン、ドン、トンギ!ドンキーホタイ」の耳のほこりを簡単に振れる人。 夏の終わりの日没の輝きのような店主の記憶の中で怠惰で長続きするジングル?

もちろん、夏の終わりの最もエキサイティングな音の1つは、老若男女を問わず、数え切れないほどの俳句作家が最高のシーツを引き出していることです。 வாஷி 紙にブラシをかけ、ムースと一緒に座って、自然の永続的な魔法の表示に触発された幽霊を作成します。これは、もう1つの避けられない季節の変化です。

CDプレーヤー、あいさつ文の無限ループのログを備えた店、新商品や販売品の横の棚にエキサイティングな売り込みがあり、今シーズンの音の雰囲気に独自の方法で貢献しました。 (エドワードM.ゴメスによる写真)

奇妙なことに、日本の偉大なモダニスト詩人である西脇淳三郎(1894-1982)は、シュルレアリスムに苦しみ、かつて自由形式の詩(「秋の歌」)を書いた後、自国語と英語で書いた。 、彼が夢見た:

石、淡い宇宙の一部、/より多くの夢、目を閉じた、/波の暖かさ、/一度、夏に、時々、その上に座った。

西脇のような豊かで独創的な想像力では、岩の表面で放浪者の臀部を磨くことさえ、太陽の光、深夜、頑固な季節のお土産として評価できると固く信じることができます。 手に負えないチカダの歌。

音の喜びの領域では、これはソウルフルなアイデアです。

エドワード・M・ゴメスは、東京を拠点に日本を専門とする美術史家、美術ジャーナリスト、評論家です。

READ  日本のマクリーン鉄道プロジェクトは、環境問題のために依然として麻痺している