Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の外交左翼を容認するな

日本の外交左翼を容認するな

ワシントン D.C. は忙しい 1 週間でした。 サミット 岸田文夫首相とジョー・バイデン大統領。 米国と日本 2 + 2 ミーティング ポスト・ジャパン安全保障協力の増大するアジェンダへの洞察を提供する 流域宣言 防御への投資の増加から、昨年12月。 しかし、これは二国間軍事同盟が輝く瞬間ではありませんでした。 これは、世界の危機管理において日本が現在果たしている変革的な役割を反映しています。

バイデン大統領は初めて岸田首相をホワイトハウスに迎えたが、彼らの最初の関与ではなかった. 大統領 東京への訪問 この 5 月は、同盟と、中国がインド太平洋関係で取った困難な道筋について現在米国と日本が共有している懸念の両方について、詳細な協議の機会を提供しました。 東京でのバイデンと岸田のこれらの協議の直後に、 クアッドトップ首相と大統領に加えて、オーストラリアとインドの指導者が参加しました。 前 最初の仮想会議 2021 年 3 月、カルテットのリーダーたちは野心的なアジェンダを設定しました。 東京でカルテット・サミットを主催した岸田首相は、安倍晋三元首相が始めた自由で開かれたインド太平洋外交の外交ビジョンを引き継いだ。 それ以来、岸田政権とバイデン政権は地域戦略を緊密に連携させてきた。

詳細:

日本

しかし岸田氏は、昨年 2 月のロシアによるウクライナ侵攻の余波を受けて、世界的な注目を浴びることにもなりました。 ロシアの侵略に対する日本の対応を、ルールに基づく国際秩序の外交的防御として組み立てる際に、岸田氏は、ロシアへの制裁とウクライナへの支援という G7 の進化する戦略に歩調を合わせてきた。 日本は 資産を凍結する ウラジミール・プーチンを含む 622 人のロシア人個人と 53 のグループから。 現在、日本からの 1 億ドルの融資と 2 億ドルの助成金が、ウクライナとその近隣諸国を支援し、紛争からの難民の再定住を支援しています。 追加の支援は、ウクライナの農業生産の回復を支援しており、最近では、ウクライナ人が冬に対処するのを助けるために、発電機やその他の機器が提供されています。

岸田氏のワシントン D.C. 訪問は、新聞の見出しを飾った日本の軍事力への投資を強調したが、大統領との彼の会話は、日本の相当な外交的影響力も浮き彫りにした。 日本は 5 月に広島で次の G7 会議を主催する予定であり、岸田氏はすでに議題の作成に着手している。 首脳は、岸田氏の故郷であり、第二次世界大戦の終結時に原爆が投下された場所である広島に集まる。 そこでは、彼はまた、ロシアのウクライナ侵攻における核の危険性が明らかに高まっていることを強調し、新たな世界的活動を開始し、これらの兵器が二度と戦争で使用されないようにすることを期待されている.

岸田氏のG7欧州歴訪はフランス訪問から始まった。 そこで、彼とエマニュエル・マクロン大統領は、G7 で次のことを約束しました。ウクライナに対するロシアの攻撃に対応して団結し、ロシアに対する厳しい制裁を継続し、ウクライナを断固支持する. 岸田はパリからローマに行き、イタリアのジョルジア・メローニ首相に会い、次のように述べた。両国は、基本的価値を共有するG7の一員として、国際社会をリードする責任があります。イタリアは、日本向けの次世代支援戦闘機を構築するコンソーシアムの一部になります。 彼のヨーロッパでの最後の立ち寄り場所はロンドンで、そこで岸田はリシ・スナク首相と共に署名した。 新しい防衛協定 これにより、日本軍とイギリス軍が両国で訓練を行うことが可能になり、訪問軍の地位が決定されます。

国内では、岸田氏は、日本の安全保障関連支出を GDP の 2% に倍増し、自衛隊の兵器庫に長距離ミサイルを追加するという彼の計画について、引き続き疑問に直面するだろう。 彼と彼の党は、4月に地方選挙が近づくにつれて、引き続き国民の精査に直面するでしょう. 岸田氏の長期的な政治的展望については、すでに党内対立の兆しや憶測が飛び交っている。 また、彼の外交訪問は、インフレ率が 4% で推移している日本経済に対する懸念の高まりを和らげることはできないかもしれません。

しかし、日本国外の多くの人々にとって明らかなことは、今日の困難な地政学において日本のリーダーシップがいかに重要であるかということです。 日本の首相が国内の問題だけに集中し、世界の未来を想像する仕事を他人の手に委ねることができた時代は終わりました。 世界の舞台での岸田首相の活動は、彼をワシントン D.C. への非常に歓迎される訪問者にし、この危険な世界的瞬間に取り組んでいる他の多くの民主主義指導者にとって非常に価値のあるパートナーにしています.

詳細:

日本

READ  日本は米国の同盟国と決別し、上限を超える価格でロシアの石油を購入する