Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の外務大臣、平和活動への女性の貢献を語る

日本の外務大臣、平和活動への女性の貢献を語る

上川陽子外務大臣は最近のインタビューで、ジェンダー平等問題に関して自国が直面している「多くの課題」を認め、日本は世界平和にさらに貢献するための重要な外交政策として、紛争予防と平和構築への女性の関与を追求すべきだと述べた。

昨年9月に日本初の女性外相に就任した上川氏(71)も、外交任務を遂行する上で「後続の女性に模範を示す」と決意を表明した。

2024年2月29日に東京で行われた外務省での会見で語る上川陽子外務大臣。 (京都)

共同通信社とのインタビューは、日本が特に政治・経済分野における男女平等において遅れをとっている中、国際女性デーの機会に行われた。 上川さんは最近、麻生太郎元首相から自身の容姿を「おばさん」と評され、性差別的な発言の標的になっている。

「日本の政治への女性の参加を進めるには多くの課題があると感じています。性別役割意識や社会構造の点では変化が見られません」と彼女は語った。

上川氏は、「女性、平和、安全保障」と呼ばれる、平和と安全への女性の平等で有意義な参加を強調する国連が推進する概念に触れ、紛争予防と復興において指導的立場にある女性が持続可能な平和の構築に不可欠であると強調した。 またはWPS。

「『女性、平和、安全』を日本の外交政策の中核として進めれば、日本はこれまで以上に平和な国際社会に貢献できると強く信じています」と述べた。

同氏はまた、ウクライナでのロシアの継続的な侵略と中東での紛争の中で、弱い立場にある女性と子供たちを保護し、救済を提供するために緊急の配慮を払うよう求めた。

同大臣は、ウクライナへの支援について、日本は性暴力被害者への避難所や保護の提供、子どもへの教育支援などに重点を置くつもりだと述べた。

同氏は「人道支援の初期段階から人々の生活再建という長期目標に至るまで、あらゆる段階でWPSのアプローチをとり、具体的な行動を推進していく」と述べた。

外交の場におけるジェンダー問題の経験について尋ねられた上川氏は、昨年ニューヨークで出席した主要7カ国会議を思い出した。 同氏はそこで、欧州連合の8人の外相が男女で均等に分かれており、加盟国はこれを歓迎していると指摘した。

「女性外務大臣は皆、非常に物言いが良く、豊かな個性を持っている」と述べた。 「外交団にも女性がたくさんいます。女性の活躍の必要性を強く感じています。」

彼女はまた、日本の外務省や在外公館で女性と男性が仕事と家庭生活のバランスを取れるよう、より良い労働環境を促進すると誓った。

「在宅勤務の機会を増やすためには、情報セキュリティを備えたコミュニケーションツールが不可欠だと感じています」と同氏は言う。

上川氏は衆議院議員7期目で、これまでに法務大臣や男女共同参画大臣などを歴任。

上川氏は東京大学卒業後、日本のシンクタンクに入社し、その後ハーバード大学のジョン・F・ケネディに入社した。 彼はケネディ行政大学院で行政学の修士号を取得しました。 彼はまた、米国上院議員の政策立案者としても活躍しました。

彼は外務大臣在任中および在任前からWPSをライフワークとして提唱した。

世界経済フォーラムの2023年の世界男女格差報告書では、日本は146カ国中125位と最悪の結果で、東アジア・太平洋地域では最下位となった。 日本はG7加盟国の中で最下位に位置する。


関連報道:

日本は3,200万ドルを提供。 ガザへの追加人道支援

日韓両国が北朝鮮問題に取り組むことで合意

日本、米国、韓国は北朝鮮と緊密に協力している


READ  アフガニスタンのティーンエイジャーは、日本のボクシングの世界でランクを上げることを目指しています