Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の外務大臣は、拘束された人々を釈放するよう中国に要請した

日本の外務大臣は、拘束された人々を釈放するよう中国に要請した

[北京/東京 4月2日 ロイター] – 日本の林芳正外相は2日、中国外相と会談し、拘束されている日本人を直ちに釈放するよう北京に求めた。

林氏と秦剛氏との会談は、日本の外相が北京を訪問するのは 3 年以上ぶりのことであり、アジアの 2 つのライバル大国が地域の緊張が高まる中で共通点を模索している。

アステラス製薬 ( 4503.T ) の従業員が、理由は不明だが中国で拘束された、と同社の広報担当者は1週間前に語った。 日本の京都ニュースによると、2015年以降、少なくとも16人の日本人がスパイ活動の疑いで中国で拘束されている。

「私は最近、北京で日本人が拘束されたことに抗議し、この日本人の早期釈放を含め、この問題に関する私たちの強い立場を表明した」と林は記者団に語った。

中国外務省の資料によると、秦氏は中国は「法律に従って(事件を)処理する」と答えた。

林氏は、日本は拘束に関連する法的手続きの透明性を求めており、公正で安全なビジネス環境を守るよう中国に求めていると述べた。 彼は中国の反応について詳しく説明しなかった。

日本の大臣は、ロシアへの接近や東シナ海における中国の海軍の存在を含む、中国の軍事活動のエスカレーションに対する日本政府の深刻な懸念を表明した。

林氏は「安保を含めた対話を継続することの重要性を確認した」と述べた。

林氏は、秦氏と「台湾海峡の平和と安定を確保することの重要性」について話したと述べた。 北京は、秦が日本に対し、台湾問題に干渉したり、中国の主権を侵害したりしないよう警告したと述べた。

北京が自国の領土であると主張する台湾を巡って緊張が高まっている。 中国は、武力を行使して台湾を支配下に置くことを決してあきらめませんでした。 民主的に選出された台北の政府は、北京の主張を拒否し、将来は国民だけが決めることができると述べています。

中国軍が発射した弾道ミサイル5発が日本の排他的経済水域(日本の排他的経済水域)に着陸したことを受け、日本はまた、8月に外交上の不服申し立てを行った.

東京が金曜日に半導体製造装置の輸出制限を発表した後、米国に続いて、秦は「悪事に加担する」ことに対して警告した。

この禁止は、米国とオランダによる同様の措置と一致しており、中国の高度なチップを製造する能力を抑制することを目的としています。

林氏は記者団に対し、制限は「特定の国を対象としたものではない」と語った。

違いはあるものの、中国と日本は韓国との 3 カ国協議を再開することに合意し、林氏は秦氏との会談以来、この合意は「重要な成果」であると述べた。

林氏は「外相や指導部レベルなど、さまざまなレベルで緊密に意思疎通することで合意した」と付け加えた。

日本の岸田文夫首相と中国の習近平国家主席は、11 月に開催されたアジア太平洋経済協力会議 (APEC) の首脳会談に合わせて会談しました。

東京では村上さくらと竹中清、北京ではラリー・チェンによる報告。 クリストファー・カッシングとウィリアム・マラードによる編集

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  DCI Japanは、20年間の研究の末、その進歩である科学を紹介しました。