Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の外務大臣モデキは政府の手綱を引き継ぐように設定されています

日本の新外相であるモデキトシミツは、2021年10月4日に東京の首相官邸に到着します。 ロイター/加藤一世/ファイル写真

東京、11月2日(新華社)-日本の岸田文雄首相は、政策立案や選挙運動への資金提供などの強力な立場を取り、与党の第2候補として外務大臣モデキを追放した。

甘利明氏は、日曜日の補欠選挙で敗北した後、自民党書記長の辞任を発表した甘利明氏の後任となる。

政策に精通し、安倍晋三前首相や麻生太郎などの長老たちと良好な関係を築いているモデキ氏は、岸田文雄氏が党内の権力を維持するのに役立つかもしれない。

彼の任命は木曜日に正式に発表される予定です。

与党書記長の仕事は、議員たちに大きな力を行使することである。所有者は選挙運動の資金調達と分割されたメンバーの整列に責任があるからだ。

新事務総長は月曜日に記者団に、彼の重要な任務の1つは来年半ばの補欠選挙の準備であると語った。

日曜日、岸田文雄は衆議院で過半数を維持したため、自民党を予想以上の選挙結果に導いた。

日本の比例代表制により議会の議席を1議席保持したものの、アマリの敗北は党にとって重大な後退であった。

京都通信社などのメディアは、60歳の林芳正氏が出典を引用せずに外相候補として浮上したと報じた。

林は国防大臣を務めるほか、経済、教育、農業のポートフォリオも持っていた。

野党陣営では、立憲民主党(CDPJ)の枝野幸男党首が、選挙の敗北を理由に辞任を発表した。

左翼のCDPJは、13議席を失ったにもかかわらず、日本で2番目に大きな党でした。 小規模な維新の党(JIP)は、成長を刺激するために規制緩和と地方分権化を要求し、465席の部屋の41席をほぼ4倍にしました。 続きを読む

両党の運勢の変化に基づいて、今週の京都世論調査でのJIPの支持率は1か月前の5%から14.4%に上昇し、CDPJの11.2%を超えて日本の自民党に次ぐ人気の党となった。

江田野氏は党幹部会議で、「以前よりも議席が少なくなったが、これは非常に残念だ。それは私の不十分さのせいだけだ」と語った。

「来年の上院選挙のために…私は新しいリーダーの下でそして新しい組織に行かなければならないと決めました。」

Tokenaka Kiyoshi、Chang-Ron Kim Report; クラレンス・フェルナンデスとスティーブン・コーツによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  シカゴの日本文化センターでは、市内の日本の歴史を眺めることができます。