Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の外為責任者、円安は異例と呼び、必要に応じて行動すると誓う

日本の外為責任者、円安は異例と呼び、必要に応じて行動すると誓う

(ブルームバーグ)-日本の金融当局トップは、最近の円安は奇妙で現在の経済ファンダメンタルズから外れていると述べ、為替レートの過度の変動を防ぐために必要に応じて行動するとの決意を再確認した。

ブルームバーグで最も読まれた記事

神田正人財務審議官(国際担当)は「日米のインフレ傾向や見通し、金融政策や利回りなどのファンダメンタルズを踏まえると、最近の急激な円安は異常だと強く感じている」と述べた。 金曜のインタビューで事務局が語った。 「多くの人は、円が今進むべき方向とは逆の方向に動いていると考えている。」

神田氏のコメントは、日銀が先週2007年以来初めて利上げを決定したことを受け、政府が最近の円安を食い止めるために為替市場に政策を導入するかどうかを巡り、市場の厳しい監視の中で行われた。 通貨は34ドルまで下落した。 水曜日には1ドル=151.97円の過去最低値を記録し、鈴木俊一財務大臣は日本が今年介入する可能性を強くほのめかし、口頭での警告を強めた。

金融当局者らも三者会合を招集したが、この会合は市場の動きに対する政策当局者の懸念の高まりを示すためによく使われる。

神田氏は「われわれは現在、緊迫感を持って外国為替市場の動向を注視している」と述べた。 「いかなる選択肢も排除することなく、過度な為替変動に対して適切な措置を講じる」と述べた。

神田氏は、日本は特定の為替レートの水準を守っているのではなく、為替市場の展開を評価する際には動きの方向と速度に注目しているとの考えを繰り返した。

鈴木氏は、対ドルで152円という水準は紙一重かとの質問に対し、日本には為替レートに関する防衛線がないと述べた。 日本政府の最大の介入は、2022年に円が152円に近づいた後に行われたが、その方向への下落は現在見られているよりもはるかに速かった。

こちらもお読みください: ドル円が上昇傾向にあるため、財務省介入の可能性は依然として低い

市場参加者は、当局が使用する言葉から潜在的な市場介入の差し迫りを判断しようとします。

「私はその時正しいと思うことを言う」とガンダは言葉を選びながら言った。

円安の背景には、市場関係者の間では、日米を含む同国との政策金利と利回りの差が当面は大きいとの見方がある。

日銀の上田和夫総裁は緩和環境を維持すると約束し、先週世界最後のマイナス金利の引き上げを決定した際、日銀が近く再利上げを検討するだろうとの期待に冷や水を浴びせた。

日銀理事会の中で最もハト派の田村直樹氏も、緩和政策を維持することは再利上げと矛盾しないとしながらも、正常化に向けた段階的なプロセスを支持する姿勢を示している。

苅田氏は、日銀の決定はインフレの安定が視野に入っており、健全な物価・賃金サイクルが示されている節目だと述べた。 同財務省当局者は、日本経済にとって明るい兆しとして、今年の年次賃金交渉における大幅な賃金上昇と企業の記録的な支出を挙げた。

ガンダ氏は「ようやく日銀が正常化を開始できる経済状況に達した」と述べた。 「私たちは長い道のりを歩んできました。」

ガンダ氏は、中銀の10年以上にわたる大規模緩和に対する批判は理解していると述べた。 同氏によると、副作用としては、長引くゾンビ企業やその他のモラルハザードによって引き起こされる市場の失敗や生産性の停滞が挙げられるという。

長期的には、円の魅力を回復するにはさらなる構造改革が不可欠だとガンダ氏は示唆した。 今週初め、財務省当局者は日本経済にとって望ましい政策を議論するための専門家委員会を設置した。

同氏は「他国との商品やサービスの貿易を通じて日本の稼ぐ力を強化し、日本を世界的に魅力的な投資先にすることが円の魅力の鍵となる」と述べた。

ブルームバーグ ビジネスウィークで最も読まれた記事

©2024 ブルームバーグ LP

READ  2分間の傑作:日本初の軍艦を発見