Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の外相は彼がコビットで北朝鮮を助ける準備ができていると言います

日曜日、日本の林芳正外相は、コロナウイルスの発生と公然と戦っている北朝鮮への支援を検討するよう政府に勧告した。

「私たちはその国と外交関係を持っていませんが、それは私たちがそれをあきらめる必要があるという意味ではありません」と林はニカタでの講演の中で言いました。

北朝鮮は、2年前に発生が始まって以来、今月初めにCOVID-19の最初の症例を確認しました。

北朝鮮軍の医療ユニット(L)のメンバーは、政府19感染の拡大に対する懸念が高まる中、2022年5月18日に平壌の薬局で市民(R)に薬を投与しています。 (京都)==京都

日曜日には、2500万人の国で約186,000人の新しいインフルエンザの症例が報告され、4月下旬以降の合計は264万人を超えました。

北朝鮮中央通信によると、別の死者数は土曜日の午後6時から午後24時まで67人に増加した。

北朝鮮は、COVID-19検査キットの数が少ないと考えられているため、ウイルス陽性の検査を受けた人の数に関する情報を提供していません。

インフルエンザの原因は特定されていません。

北朝鮮でのCOVID-19の疑わしい噴火への対処方法について、林氏は、問題が解決されなければ、新たな緊張が世界中に広がる可能性があると示唆した。

「全世界が直面しなければならない(問題)。北朝鮮の状況を理解しようと努めなければならない」と彼は言った。

日本の林芳正外相(C)は、2022年5月22日にニコタでの集会で演説する。(京都)


関連する報道:

COVID-19の蔓延の中で、北朝鮮では200万人以上のインフルエンザの症例があります

北朝鮮は、政府の普及の中でさらに269,500件のインフルエンザを登録しました

北朝鮮のキムは、コビット事件の増加で医薬品の不足を非難した


READ  日本は新しい陸上電子戦ユニットを建設します