Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の大企業は、より高い採用と政府後の成長に向かって動いています





2021年5月18日にミネアポリスの親藩ヘリコプターから撮影されたこの写真は、東京のマルヌチビジネス地区の高層ビルを示しています。 (ミニチ)

東京(京都)-日曜日の京都ニュースの調査によると、日本企業の42%が2023会計年度までに新卒者を採用する予定であり、コロナウイルスの発生からの回復を示しています。

そのような信頼できる企業の割合は、1年前に実施された調査よりも25ポイント高くなっています。 企業が新卒採用を3年ぶりに9%削減する計画を立てたのはこれが初めてだ。

調査対象となった117社のうち、49社は来年4月からの1年間に前年よりも多くの人を雇うと述べた。 調査はまた、彼らの採用プログラムの低下は、ウクライナに対するロシアの戦争によって比較的制限されていることを発見した。

他の回答者のうち、30%が2022年度も同じ水準を維持すると述べ、14%が未定であると述べた。

調査は3月中旬から4月上旬に実施されました。

エピデミックの影響を最も受けた企業、航空会社、観光業界は、成長のための新しい道を模索する中で、採用を増やすという決意を固めています。 ANAホールディングス株式会社そして帝国ホテル株式会社。

対照的に、金融およびエネルギー部門の一部の企業は、新卒者の採用を制限すると述べています。 代わりに、彼らは業界間の採用を拡大し、デジタル化を通じてビジネス効率を改善することを計画しています。

ほとんどの日本企業は、各会計年度の初めに新卒者を採用しています。

調査では、採用を増やす最も一般的な理由は33%の「事業の拡大」であり、18%が従業員の年齢分布のバランスを取る必要があると述べています。

ロシアのウクライナ侵攻では、57%が採用プログラムへの影響は「重要ではない」と述べました。

1%が戦争はヨーロッパでの採用の減少につながると述べたが、33%はその影響を今のところ推定できないと述べた。

ウクライナの危機は商品価格と原油価格の高騰に拍車をかけ、消費者に追加費用を転嫁することを躊躇する中で企業支出が圧迫される可能性があるという懸念を引き起こしました。

流行の真っ只中の採用に関しては、19%がすべての手続きをオンラインで実行していると答えており、前回の調査より3ポイント高くなっています。

READ  日本は体外受精における卵子の広範な早期遺伝子検査を許可する