Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の大坂なおみが腹部の怪我のために撤退

全豪オープンチャンピオンの大坂なおみは、2022年のメルボルンサマーグループ1(WTAトーナメント)での準決勝戦から腹部の負傷で撤退し、対戦相手のヴェロニカコデルメトワがウォーキングツアーで決勝に進出することができました。 (その他のテニスニュース)

「ここメルボルンでプレーするのはとても楽しかった。残念ながら、腹部に怪我があり、休憩して全豪オープンの準備をする必要がある」と大阪はテニスオーストラリアの声明で述べた。全豪オープンは1月17日に始まる。

以前、アメリカのアマンダアニシモワは、土曜日にロッドレーバーアリーナで開催されたWTAサマーグループ2イベントで、ダリアカサトキナに6-2、6-0で勝利し、2019年以来の最初の決勝に進出しました。

アニシモワは、ベラルーシの仲間のアメリカ人アン・リーまたはアレクサンドラ・サスノビッチのどちらかを演じます。 彼らは土曜日の後半に準決勝を行います。

サマーセット1イベントでの別の準決勝戦では、シモナハレプが鄭秦文を6-3、6-2で破りました。 ハレプは日曜日にクドレトワに会います。

メルボルンパークでのATPツアーの準決勝では、ラファエルナダルがフィンランドのエミルロッソヴォーリと対戦し、マキシムクリシーはグリゴールディミトロフが演じました。

アデレード国際では、ウィンブルドンチャンピオンのアシュバーティ(トップシードでウィンブルドンチャンピオン)が、全仏オープンの元優勝者であるイガスウィアテックとの準決勝でプレーする予定でした。

アデレードとメルボルンのトーナメントは、メルボルンパークで開催される2022年全豪オープンの開幕戦に先立ち、今週オーストラリアで開催される6つのチューニングイベントの1つです。

READ  ウィンブルドン2021のライブ結果:ロジャーフェデラーが進むにつれて、セリーナウィリアムズが怪我で引退した