Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の大坂なおみは、パン パシフィック オープンで緩みを打破することを目指しています

苦しんでいる大坂なおみは月曜日、今週のパン パシフィック オープンでホームでスランプから抜け出そうとする中で、今年は「浮き沈みよりも多くの浮き沈み」を経験したことを認めた. 元世界ナンバーワンで 4 回のグランドスラム チャンピオンである彼女は、過去 3 大会の第 1 ラウンドで惨めな連敗を喫した後、女子テニス ランキングで 48 位まで落ち込みました。

24 歳の日本人は、昨年の全豪オープン以来、タイトルを獲得しておらず、今シーズンは怪我に悩まされています。 しかし大坂は、コロナウイルスのパンデミック以来初めてトーナメントが再開されたのは 3 年前のことではありますが、タイトルを防衛するため、東京で開催される WTA イベントで船のコースを修正することを望んでいます。 彼女は、全米オープンの準決勝に進出したフランスのキャロライン ガルシア、カザフ ウィンブルドン チャンピオンのエレナ リバキナ、世界ランク 4 位のスペインのパウラ パドゥーサを含むスタジアムで激しい競争に直面することになります。

「今年は最高の年ではありませんでしたが、自分自身について多くのことを学びました」と大坂は言い、「健康でいられてうれしい」と付け加えた. 「人生には浮き沈みがあり、今年は実際よりもずっと低かったが、全体的に今の自分にとても満足している. 大坂は年間を通してトップ10に入らず、全仏オープンと全米オープンの両方で1回戦敗退を喫した。 アキレス腱の負傷によりウィンブルドンを棄権し、当初は評価ポイントが与えられないためトーナメントをスキップすることを検討していました。

こちらもお読みください | チェコのリンダ・フロビトバがチェンナイ・オープンで優勝

大坂は、スポーツのトップから転落したことは扱いにくかったことを認めた。 「最初はちょっと大変でした。なぜなら、私が明らかに現在いない場所にいる必要があると感じたからです」と彼女は言いました. 「私にとっては、自分自身と平和になることだと思います。私がここにいるのには理由があることを知っています。」 大坂は、昨年の東京五輪の無観客試合の後、再び日本のファンの前でプレーすることを楽しみにしていると語ったが、不調なシーズンの後、自信を取り戻すために「自分のフォアハンドをもっと信頼する」べきだと語った.

彼女は第 1 ラウンドで、オーストラリアの世界ランク 55 位のダリア サヴィルとのキャンペーンを開始します。 大坂は、全米オープン後に引退したテニス界のレジェンド、セリーナ・ウィリアムズを称賛し、彼女は「人々の立場を埋めようとする以上のことをした」と語った。 「誰もがユニークであり、私たちは皆独自の道を築き、私たち全員が独自の旅をしているので、それができるとは思いません」と大坂は語った。 「彼女がこのスポーツのために、そしてそれ以上のことを成し遂げたことは、本当に信じられないことです。ビジネスウーマンとしての彼女を見ているだけで、本当に素晴らしいです。」

READ  スコア、タイム、バレンシア グランプリ、チャンピオンシップの順位、Francesco Bagnaia、Fabio Quartararo、Jack Miller のクラッシュ