Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の大手企業の景況感はマイナスに転じた

日本の大手企業の景況感はマイナスに転じた

政府調査によると、日本の大手企業の景況感は今年最初の3カ月でマイナスに転じ、4四半期ぶりに悲観的な数字となった。

この暗い見通しの主な原因は、安全試験違反による自動車メーカーの出荷停止である。

調査によると、1月から3月までの労働条件指数はマイナス0.018だった。

マイナスの数字は、大多数の企業が状況が悪化していると考えていることを示しています。 四半期ごとの調査には約1万1000社が回答した。

製造業指数はマイナス6.7となり、自動車産業が直面している問題を反映している。

非製造業の景況感は 3.2 でしたが、状況は異なりました。 これは観光客数の回復を背景としたサービス部門の回復を受けてのことだ。

関連指標として、日銀は2月の生産者物価指数が前年同月比0.6%上昇したと発表した。

この指数は、企業が商品やサービスに対して相互に請求する価格を測定します。

政府が電気代とガス代を削減するために補助金を支給したため、日本の卸売インフレは昨年のほとんどの期間で勢いを失った。

しかし、補助金の効果が薄れ始めたため、価格は上昇し始めています。

READ  Asia Markets、Australia Retail Sales、Hong Kong Mask Mandate、日本銀行