Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の大手製薬会社は、サウジアラビアの拡大と新製品の発売に目を向けています

リヤド:タダウル証券取引所に上場しているサウジアラビアの石油化学生産者は、今年の第1四半期(第1四半期)に85億サウジアラビアリヤル(22.7億米ドル)の純利益を発表しました。今年の期間。 財務情報サイトのデータの数値によると2020年。

大規模なシフトの理由は、価格の上昇と売上高の増加でした。

セクターの総利益の57%を占めるサウジアラビアの石油化学大手SABICは先月、第1四半期の利益が前四半期と比較して2倍以上の48.6億リヤルに達したと報告しました。

リヤドに本拠を置くこの会社は、昨年の同じ四半期に10.5億サウジアラビアリヤルの損失から回復し、より広いセクターと同様に、2020年の第4四半期と比較して平均販売価格が22%上昇したことにより急上昇しました。

SABICを含む9つの石油化学会社は、昨年損失を報告した後、闇市場に戻ってきました。 ペトロ・ラービグは、2020年の第1四半期の18億リヤルの損失と比較して、6億4900万リヤルの利益を記録したため、パフォーマンスの面で2番目になりました。

変革の割合が最も高かったのはSaharaInternational Petrochemical Company(Sipchem)で、2020年の第1四半期の純損失は5,280万リヤルでしたが、ザカートと税引き後の純利益は4億1,150万リヤルでした。 878.99の違い。 前年比。

National Industrialization Company(Tasnee)は、2020年の第1四半期の5,180万リヤルの純損失と比較して、今年の第1四半期のザカートと税引き後の純利益は732.83パーセントの差で3億2,750万リヤルを記録しました。

貿易信用保険の世界最大のプロバイダーであるユーラーヘルメスによる最近の報告によると、回復は今年を通して続くとのことです。 彼女は、サウジアラビアの石油化学部門は、コロナウイルス(Covid-19)のパンデミックによる需要の減少と、それに続く価格の下落により、昨年約6%減少したことを示しました。 彼女は、最近の需要の増加は主に食品包装と衛生部門からであると付け加えました。

「サウジの石油化学部門は世界的な回復に依存するでしょうが、業界はまた、地元の合併や買収の形での合併の増加、および出資を増やすための政府の支援から恩恵を受けています」とユーラーヘルメスのCEO、ジャンクロースは述べています。 GCC。 サウジアラビアのビジョン2030に沿った非石油輸出から32.7パーセント(2020年10月現在)から50パーセントへ、そして最も資本集約的なセクターの1つの重要な側面である外部借入への高いアクセス。

6月、世界最大の石油会社であるアラムコは、SABICの70%の株式の取得を完了しました。 サウジ産業投資グループと国立石油化学会社は、合併の可能性について9月に協議を開始しました。

石油化学ポートフォリオのエンドユーザーのうち、建設セクターは今年上半期(上半期)までに回復し、自動車機器や家電製品は遅れて下半期に回復すると見込んでいます。業界の重要な顧客である航空会社は、2023年末までに危機前に直面するでしょう。

READ  経済楽観主義の記録にある株式の週の終わり:市場は好転する