Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の大流行の中で音楽祭を開催するには、「自律性」と「責任」が必要



参加者からの写真は、2021年8月22日に新潟県湯沢町で開催されたフジロックフェスティバルの入り口です。入り口の門の前には、来場者が体温を測るスペースが設けられています。

大阪-日本のCOVID-19パンデミックの中で、野外音楽祭の開催または中止の決定は分かれています。 これらのフェスティバルは、音楽を披露するだけでなく、地域経済を活性化させる場所でもあります。 今後もフェスティバルを存続させるためには、主催者や参加者の「自立」と「責任」が鍵となります。

昨年は24年の歴史を持つ日本最大級の音楽イベントであるフジロックフェスティバルが延期されましたが、今年は8月20日から22日までの3日間、総合的な感染対策を実施しています。

しかし、この事件には多くの批判がありました。 8月にフェスティバルが近づくと、ツイッターにフジロックのキャンセルを呼びかけるハッシュタグが作成され、ホストの新潟県とホストの町湯沢に抗議と問い合わせが殺到した。

多くの批評家は、特にタイミングを考えると、全国から非常に多くの人々が集まって騒ぐようなイベントを開催する必要があるのはなぜかと尋ねました。 非常事態宣言は、首都圏をはじめとする主要都市を中心に宣言され、全国で感染者数が増加を続けています。



抗原検査キットは、2021年9月9日にフジロックフェスティバルの主催者からチケット購入者に事前に送付されました。(毎日/入江直樹)

主催者、中央政府、地方自治体は、6月からイベントの準備について話し合っています。 関係者は、フェスティバルの規模を縮小する、パフォーマーをCOVID-19のPCR検査を受ける地元のアーティストに限定する、事前に訪問者に抗原検査キットを配布するなど、感染に対する包括的な対策を導入することに合意しました。 出席者は全員、マスクを着用し、飲酒を防ぎ、他の人から離れ、大声で叫ばないように求められました。

国の通知によると、参加者は、フジロックで続いた会場内を自由に移動できるイベントで、参加者同士の距離を1メートル離すように求められました。

毎年フェスティバルに参加している福岡の会社員39歳は、「ルールは概ね守られていた。ステージ前で道を塞ぐ人もいたが、周りの人は守ろうとした。彼らの距離。」

昨年遅れるまで12年連続でフジロックに行った毎日新聞記者は今回は行かなかった。 しかし、番組のオンライン生放送を見てわかる限り、混雑は前年に比べて緩和されたようです。 その間、歓声が上がり、ステージ上のミュージシャンが観客を落ち着かせなければならない瞬間がありました。



千葉市美浜区で開催された超音速音楽祭は、2021年9月18日に毎日新聞から撮影された写真です。

主催者によると、3日間のイベントには35,449人が参加した。 これまでのところ、新潟県庁によるCOVID-19クラスターの報告はありません。

フジロックフェスティバルが今年も大きな問題なく開催できた理由のひとつは、これまでも高く評価されてきた「観客の自立」にあるのではないでしょうか。

ロックフェスティバルは1997年に富士山北部の山梨県のスキーリゾートで始まり、3年目から新潟県の苗場スキー場に移り、1年で10万人以上の人が訪れました。 イベントの3つの原則は「自分の世話をする」、「お互いに助け合う」、「自然を尊重する」であり、主催者は聴衆にそれに応じて行動するように求めていました。

敷地内には「ごみステーション」がいくつか設置されており、トイレットペーパーに集められた資源は、翌年にリサイクルされて利用されています。 長年同じ場所で開催されてきたことは、地域社会との強い信頼関係の証です。

一方、愛知県常滑市で約8000人が参加した野外ヒップホップイベント「なみものがたり」は、感染対策に失敗した様子が映し出され、批判の声が上がった。 インターネット。 このイベントは、ブドウ球菌感染症のハブにもなっています。

9月18日〜19日に千葉のゾゾマリンスタジアムで開催された超音速音楽祭の主催者は、地方自治体から延期を求められたものの、イベントを進めることを決定した。 延期要請が却下された後、主催を取り下げた千葉市は、会場内に職員を配置するという異例の措置を講じた。 当局はまた、会場から市内の公用車で最寄りの駅までエリアをパトロールし、スピーカーを使用して訪問者を会場に直行し、帰宅するように招待しました。

市の公園管理部門は、「観客はマスクを着用し、過度に叫んでいなかった。したがって、一般的に、感染管理規則に従った」とコメントした。 愛知県でのイベントの余波で、千葉市政府の介入は避けられなかったかもしれませんが、相互尊重に基づいてイベントに参加する個人の自治に任せるべきだったと思います。

感染拡大を防ぐため、地元医師会の要請により、日本最大級の音楽祭である日本ロックフェスティバル(茨城県で8月7日〜9日、14日〜15日予定)は中止となりました。 また、イナズマロックフェズ。 (滋賀県で9月18日〜19日)とワイルドバンチフェスティバル。 (9月18日〜20日山口県)地方自治体の要請によりキャンセル。 この傾向は夏の後も止まりませんでした。

野外フェスは何よりも素晴らしいイベントです。 広々とした屋外スペースには複数のステージが設置されており、国内外の著名なアーティストによるパフォーマンスを同時に楽しむことができます。 パンデミックが発生する前は、季節を問わず、日本では年に300回以上のイベントが開催されていました。 ピア研究所の調査によると、2019年のフェスティバル参加者総数は295万人、チケット販売額だけでも330億円(約2億8900万ドル)で、10年前の約2倍になりました。 。

この記者は10年以上にわたり、キャンプ用品や雨具を車に乗せて、さまざまな場所で野外音楽祭に参加しています。 これらのイベントの最良の部分は「出会い」です。 お気に入りのアーティストの演奏を楽しむだけでなく、今まで聴いたことのない新しい音楽を学び、同じ興味を持つ人々と新しい友達を作ることができます。 同じ環境に数日間滞在することで、他のイベントでは得られない体験を仲間に近づけることができます。

コロナウイルスのパンデミックが続く中、音楽祭を取り巻く対立構造から抜け出すために何ができるでしょうか。 地域活性化の観点から、2017年から毎年秋に島根県西日本松市で開催される「シマネジェットフェスヤマタノオロチライジング」が手がかりになるかもしれません。 このフェスティバルは、ロックバンドのギターウルフによって設立され、地元の経済に貢献することを目的として、地元のボランティアの実行委員会によって運営されています。

この地域では公共交通機関が未発達であるため、イベントに参加するのは主に地元の人々や熱狂的なファンであり、主催者は長い間クラウドファンディングに依存して資金を調達してきました。 ショーを見に来て、家から参加する財政支援者は、利益を受け取ります。 後者の場合は、お祭りの簡単なビデオを見ることができ、島根県のある山陰地域から肉や魚などの名物を受け取ることもできます。 感染を恐れて多くの人がお祭りに行きたがらない時代に、イベントの雰囲気を楽しんだり、地域経済に貢献したりするのに最適な方法です。

ウルフギターのボーカリスト兼ギタリストであるセイジは、島根県で青春時代を過ごし、現在は郡親善大使を務めています。 「私は街を活気づけるためにこれを行ってきましたが、(パンデミックのために)偶然に今の役割により適しているかもしれません」と彼は言いました。

2020年にはオンラインで放送され、今年は10月9日に無人で開催されました。 清治氏は「夢を叶えることしかできない。正直、観客なしでは費用をまかなうのは難しいが、電波があっても「納品」に対する姿勢を示すことが大事だと思う」とコメントした。

日本政府はそのような祭りを禁止しておらず、経済産業省は困難な状況を経験する活動のための支援プログラムを確立しました。 同省のメディア・コンテンツ産業課は、「私たちの立場は、業界が後退するのを防ぐために業界を支援することです。もちろん、感染防止対策を講じることが前提条件です」と述べた。

最近、日本政府が個人および経済活動の制限を徐々に緩和する実証実験を開始したことから、いくつかの前向きな兆候が見られます。 しかし、パンデミック以前のように「すべてを自由に行う」ことはできません。

何千人、何万人もの人が集まるお祭りには、主催者の完全な「自立」が欠かせないと思います。 同時に、国民は自由を享受するために引き受けなければならない「責任」も持っています。 今のところ、感染を防ぎ、環境を保護し、地域社会に貢献するためのルールを作るには、多くの試行錯誤があります。

地元の人々が安心してお祭りの恩恵を受けることができるシステムを探し続けることができれば、きっと新しい野外のお祭り文化を生み出すことができるでしょう。

(編集制作センター、入里直樹による日本語原作)

READ  NextMeatsがビーガンリブ2.0を発表-ビーガンの世界