Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の大臣は、彼が首相に東芝の株主に連絡するように頼んだことは一度もないと言った

東京(ロイター)-日本の貿易相は金曜日、東芝の株主に連絡するように顧問に指示したことは一度もないと述べた。

影山宏氏は定期記者会見で、経済産業省が独立調査員の報告に対する東芝の回答を待っていると述べた。

報告書によると、東芝の経営陣は、昨年7月の年次株主総会で、METIに海外の活発な株主に対抗するための支援を要請した。

木曜日に発表された株主委託報告書はまた、菅義偉首相が昨年首相だったとき、東芝の上級幹部との会談中にこの圧力を口頭で奨励したと主張している。

英国でのG7首脳会議に出席するために昨日日本を去った菅は非難を否定した

情報筋は昨年ロイター通信に対し、水野弘道特別検察官が経済産業省の対応の一環としてハーバード大学基金に電話をかけ、その投票は規制当局の調査の対象となる可能性があると警告したと語った。 その後、アメリカン大学は投票を棄権した。

テクノロジー起業家のイーロン・マスクの友人であり、テスラの取締役を務めるミズノは、経済産業省の顧問になる前に、日本の1.4兆ドルの政府年金投資ファンド(GPIF)を監督しました。 12月、彼は革新的な金融と持続可能な投資に関する国連特別特使に任命されました。

ミズノはコメントの要請にすぐには応じなかった。

日経225がほぼ横ばいであるのに対し、東芝の株価は初期の取引で1.7%下落しています。

(山崎真紀子による報告、ティム・ケリーによる執筆、トム・ホッグとエドウィナ・ギブスによる編集)

READ  オリンピック: 4 人の英国の体操選手が東京でデビューします。 ベッキー・ダウニーが欠場 | オリンピックニュース