Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の大臣は、病気が成長したときに病気を制御することを目指しています

世界第3位の経済成長をリードする一方で、COVID-19の管理を担当する日本の大臣は、危険な「バランスをとる行為」ができると信じていると述べています。

Deutschero Yamakiwaは水曜日、東京の日本記者クラブで、「エピデミックが常になくなるとは限らないことを知っている」と述べ、「経済が成長に向けて復活するにつれて、彼らと協力することが私たちの仕事である」と付け加えた。

日本は昨年秋に新たな感染の数を最小限に抑えることができました。そうすれば、緩和策によってウイルスを寄せ付けないようになります。 しかし、医療専門家は、甲状腺腫の感染症は今後数週間で増加すると警告しています。 全国で毎日数千件の症例が報告されており、先週の約3倍です。

獣医で卒業生の山際氏は、日本はコロナウイルスのオメガ3変異体の犠牲者のために、全員を入院させるのではなく、在宅隔離システムを設置することで、「目に見えない敵」に対して柔軟に対応したと述べた。 有名な山口大学。

米国、韓国、ヨーロッパの一部と比較すると、ブースターは遅れをとっており、日本人の約80%が2ショットを受け取りますが、ブースターを受け取るのは1%未満です。

ほとんどの人は、3月以降にブースターショットを受け取ることは期待されていません。これは、2回目のCOVID-19ショット後の推奨される6か月の間隔よりも数週間または数か月長くなる可能性があります。

批評家たちは、日本が自らを更新し、より精力的で競争力のあるものになるためには、定着した官僚主義と自己利益から脱却する必要があると長い間主張してきました。

ヤマギバ氏は、日本は、流行によって悪化した数十年前の不況から抜け出すために、デジタル技術、人工知能、持続可能性、バイオテクノロジーを開発する必要があると述べた。

日本経済は、昨年縮小した後、3月期の今期は成長が見込まれます。 しかし、最近の流行の波は不確実性を増しています。

「アジアの多くの国と同様に、日本の最近のGDPデータは、COVIDが依然として経済に強い影響を及ぼしていることを示しています」とINGの地域研究責任者であるロバート・コーネルは述べています。 。

沖縄、山口、広島の各省では、政府は最近、政府の波が最も激しい地域に制限を課すことを命じました。

山木和氏はプレゼンテーションを通じて、岸田文雄首相の「新資本主義」プラットフォームのテーマに戻った。

批評家は、これは単なるスローガンであり、特定の事柄についてではないと言います。 ヤマギバ氏は、政府は賃金の引き上げ、人への投資、新興企業や研究の促進に取り組むと述べた。

彼は、デジタル化、企業の時価総額、さらにはノーベル賞受賞者でさえ、日本が他の主要経済国に遅れを取っていることを認めました。

しかし彼は、日本にはアバター技術で世界をリードし、2050年までに日本の大学に投資することを含む「ムーンショット」の目標を持っていたので、「スタンフォードになる」と述べた。

「日本は世界一になるだろう」と彼は言った。

___

掛山ゆりはツイッターhttps://twitter.com/yurikageyama

READ  リバプールの選手と日本国際南野拓実がかつてギネス世界記録を保持した理由