Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の大西洋マグロの配分は2022年までに257トン増加

水曜日の政府間水産機構の決定によると、2022年の大西洋ブルフィンマグロへの日本の配分は257トンから3,483トンに増加するでしょう。

クロマグロ保護国際委員会は、最近のオンライン会議で、日本を含む国々の全体的な漁獲制限を引き上げることを決定しました。

バーチャルカンファレンスには、日本、米国、カナダ、欧州連合を含む約50の国と地域が参加しました。

大西洋と地中海の西部と東部では、寿司の貴重な魚であるブルフィンマグロの資源が別々に管理されています。

大西洋の西部で許可された総漁獲量は、9月の委員会の最新の評価を反映して376トン増加しました。 ここで、日本のc配分は407トンから664トンに増加しましたが、東への配分は2,819トンのままでした。

委員会によると、ピグミーマグロの資源も回復し、総許容量は500トン増加して62,000トンになり、日本の割当量は13,980トンでした。

来年の会議は2022年11月に開催されます。

誤った情報と過剰な情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックしてズーム)

READ  HyperDrive Daily:日本が運転席に再び入る