Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の大雨により500万人以上が避難しました

科学者たちは、気候変動が日本や他の場所で大雨のリスクを高めていると言います。 -©AFP

大雨は日本で洪水、地滑り、避難を引き起こし、何百万人もの人々が逃げるように忠告されました。 国の気象局は土曜日に500万人以上を対象とした避難警報を発した。

大雨が日本の南西端を襲い、気象庁は佐賀、長崎、福岡、広島の各県で100万人以上の人々にレベル5の避難命令を出しました。これは最強のレベルです。

次に強力なレベル4の避難命令が他の17都道府県に出され、400万人以上の住民が影響を受けているとのことです。 CNNニュース。

Twitterのロイター

私に 共同通信 気象庁によると、水曜日から西日本に集中豪雨をもたらした前線は、本州本州の近くでさらに一週間停滞すると予想されている。

国土省は、14の河川が7つの県に氾濫していることを確認しました。 気象庁の足立義は、現在の降雨量を「前例のない」と報告した。 BBC。 「何らかの災害がすでに発生している可能性が非常に高い」と彼は述べた。

日本南西部の熊本市の当局者は、川の上流でボートを確保しようとして失踪した76歳の男性を捜索していると述べた。長崎県では、土砂崩れにより4人が埋葬された。 殺された、殺された。

READ  System Shockの最新のティーザーは、再起動がどこまで進んだかを示しています