Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の天皇はオリンピック期間中のコビットの広がりを心配しています| 日本

日本の天皇は、2020年の東京オリンピックでのコロナウイルスの蔓延について懸念を表明しました。これは、流行の真っ只中にゲームを開催することをめぐる議論への予期せぬ介入です。

父の秋日堂が辞任した後、2019年に皇位に昇格した鳴飛堂氏は、1か月以内に開幕する大会について広く国民の関心を集めたと語った。

「皇帝はコロナウイルス感染の現状を非常に心配している」と皇室庁の西村康彦参謀長は木曜日の記者会見で語った。

西村氏は、京都通信社によると、「国民の関心は、この事件が感染を拡大するかどうかを懸念しているようだ」と付け加えた。

今上天皇徳は、戦後の憲法により、物議を醸している問題について公に発言することを禁じられているが、オリンピックでの政府19感染の増加につながる恐れがある。

最近の京都の世論調査によると、日本の約86%の人々が、今年の夏にオリンピックに出場した場合、政府の事件が再発するリスクを懸念しています。

最近の世論調査によると、ナルヒドはゲームのキャンセルや延期を求めていませんでした-ほとんどの日本人がサポートしているオプションです。

「組織委員会と他の関連組織が協力して、発生を防ぐためにあらゆる措置を講じてほしい」と西村氏は述べた。

61歳の皇帝は、オリンピックとパラリンピックの共同主催者であり、7月23日のオリンピック開会式に出席する可能性があります。

政府のトップスポークスマンである勝信カッテ氏は、西村氏のコメントを「個人的」と表現した。

「詳細はインペリアルハウスエージェンシーに聞いてみたいが、先ほど申し上げたように、安心・安全なゲームだと思う」とケイト氏。

ナルヒド氏のコメントは、オリンピック開催都市での事件が増え続けているため、政府が東京や他のいくつかの地域で非常事態を宣言した数日後に来ています。

木曜日に東京で570件の感染が報告され、先週の同じ日から118件増加しました。 水曜日には、619件の新規症例が確認され、ほぼ1か月で初めて600件を超えました。

公共放送NHKによると、日本の高齢者の50%以上が最初にスローワクチンロールの初回投与を受けたが、オリンピックは開幕するが、人口はまだ完全には保護されていない。

保健省は、東京でのアパートの後、ウイルスが増加し始めたと述べた。 田村憲久保健相は朝日新聞に対し、「東京の動向はすでに再興の兆しを見せている」と語った。

東京都庁の顧問は月曜日に緊急禁止を解除し、より多くの人々が動き始めたのでそれをそれほど抜本的な措置に置き換えました。

彼らは、感染が広がる可能性があり、今後数週間から数か月のうちに、より多くの種類の感染がより早く広がる可能性があるという兆候があると述べた。

東京のタロウミツヒカ副知事は、「現在、非常事態宣言を発しているが、事態はさらに悪化している。

国際オリンピック委員会(IOC)と東京2020の主催者は、今週の決定の後、少数の日本人観客が今年の夏にイベントを見ることを許可されるという批判を提起しました。 出席者は、最大10,000人の訪問者がいる会場の定員の50%です。

READ  大坂なおみは、粘土の別の後退にもかかわらず楽観的です