Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の太平洋側では大地震のリスクが高い

政府は、今後30年間に日本の太平洋で強い地震が発生する可能性があると述べています。

ザ・ 2020年の地震リスクマップ震源地は太平洋底下で報告されたが、津波警報は発令されなかった。震源地は太平洋底下で報告されたが、津波警報は発令されなかった。

新しい地図は、北海道東部、近藤地域の太平洋側、東海地方、青木・四国地域で少なくとも26%の確率を示しています。

文部科学省で3月19日に地震リスクマップが発表される前に、政府の地震研究チームの平田直史氏が記者会見で講演しました。 | 京都

結果は、今後30年間に2つの主要な海洋地震が発生する可能性が高いことから導き出されています。

1つは、北海道根室市の志島海溝で発生する確率が80%の8予測テンプレートです。

もう1つは、カントリーセンターの南西8〜9 kmにあるナンガイタンクで発生し、確率は70%〜80%です。

都道府県事務所と北海道変電所事務所が位置する地図上のいくつかの地点では、地震の可能性がわずかに増加しました。

その中で、茨城県水戸市は、2018年に発表された前回の地図と変わらず、81%という高い確率を示しました。

確率は根室で80%、コーチンで75%、徳島で75%でした。

最新の地質、地質、掘削調査データが地図に反映されているため、確率はシバで85%から62%に、大阪で55%から30%に低下しています。

東京では48%から47%に低下しました。

日本海溝と南海戦車の地震確率の更新が更新されたため、2020年の地図の公開は2021年に延期されました。

2011年3月11日の東北地方では、東日本でマグニチュード9.0の地震が発生し、この地域の太平洋岸で壊滅的な津波が発生しました。

このため、太平洋岸の宮城県と福島県では、今後30年間で少なくとも6回の大地震が発生する確率は26%以上になります。

Shishuyoga州とYamanashi州、および長野州の東部は、地震の推定値が更新されたため、まだ高いものの、確率が低くなっています。

平田直志グループ会長は、「自宅や学校、職場の地図を地図上で確認し、耐震家具などの対策を講じてほしい」と語った。

地図の日本語版は、地震研究開発のための政府本部のウェブサイトでアクセスすることができます。

サイトの訪問者は、場所を選択して、地震確率と地球科学および不況のための国立研究所のJ-SHISオンラインリスクマップで揺れる可能性がどの程度あるかを確認できます。

誤った情報と過剰な情報の両方で、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  日本の政治家は東京オリンピックのキャンセルは「オプションである」と言います日本