Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の学校はインフルエンザと新型コロナウイルス感染症の二重苦に直面している

日本の学校はインフルエンザと新型コロナウイルス感染症の二重苦に直面している

新型コロナウイルス感染症への懸念は、日本で例年より早いインフルエンザの流行シーズンが始まったことでさらに悪化しており、厚生省の報告では毎週より高い数字が示されており、都道府県や学校はインフルエンザの流行に取り組んでいる。

金曜日に発表された保健省の最新週報によると、9月11日から17日までの全国のインフルエンザ感染者数の平均は、医療機関当たり1医療機関当たり7.03人以上と、前週のわずか4.48人から7.03人以上に増加した。

全体として、34,665 件の症例が報告されましたが、昨年の同時期はわずか 111 件でした。 先週、外務省は 報告された症例の総数は22,111人に達した。

平均数が最も高かったのは沖縄県 20件以上あります。

過去数週間の感染者数の急増により、感染者数が勧告発令基準の10人を超えたため、同州は4年ぶりに「インフルエンザ警報」を発令した。 9月10日までの1週間の平均感染者数は13.43人で、感染者数の約75%を若者が占めていた。

沖縄県に次いで愛媛県、佐賀県、千葉県、東京都となった。

東京都も先週、感染者数が10件の基準を超え、11時37分に達したことを受けて、インフルエンザ警報を発令した。 東京都の小池百合子知事は金曜日の通常の記者会見で、インフルエンザや新型コロナウイルス感染症を防ぐため、適切な換気、手洗い、マスクの着用などの感染予防策の継続を奨励した。

“この番号) 小池氏は「今後4週間以内に大流行が起こる可能性が高いことを示している」と述べた。

学校数 保健省は、全国でインフルエンザのような症状が発生した感染者の数が週ごとに増加していると報告した。 依然として小学校が最も大きな影響を受けている。

9月11日から17日まで、2400校以上の学校が授業や個別授業の中止、あるいは学校施設の完全閉鎖を決定した。 施設を完全に閉鎖したと報告した学校は48校だったが、前週はわずか10校だった。

全国的には前週に比べて新型コロナウイルス感染症の感染者数は減少しているものの、依然として感染は拡大している。

9月11日から17日までの週に、新型コロナウイルス感染症の症例数は8万6510件報告され、報告機関当たりの平均症例数は17.54件と、前週の20件以上から減少した。

新型コロナウイルスワクチンの秋の展開が先週始まり、保健省は配布計画に関する自治体のガイダンスを見直すよう勧告している。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチンは現在無料ですが、インフルエンザワクチンの費用は医療機関によって異なる場合があります。

READ  ロシアのルナ25号探査機、月が止まる前に「異常事態」に見舞われる | 宇宙ニュース