Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の学生はランチタイムのゴシップでのCOVID禁止を終わらせたい | 日本

にいるほとんどの子供たち 日本 彼らは、昼食をとりながらクラスメートとおしゃべりができた時代に戻りたいと切望しています。

空気中のウイルスが拡散するのを防ぐために、ほぼ無音で食事をするようになった 2 年以上後、学校の生徒たちは、昼食時のカトラリーや食器の音よりも教室に響き渡ってほしいと言っています。

他の2つのCovid-19対策- 外国人観光客の禁止 そしてその 外食の制限 – 解除されましたが、多くの未就学児、小中学生は静かに食事をしなければなりません。

最近の調査によると、子供たちの 90% が、おしゃべりの禁止をやめたいと言っています。 この調査は、教師が娘に「まっすぐ前を見て黙って食べるように」と命じた母親によって実施されたもので、この措置はその有用性を失ったと述べた。

小野真穂さんは毎日新聞の取材に対し、「大人はバーでお酒を飲んだり、おしゃべりしたりできるのに、なぜサイレントランチは変わらないのか、子どもたちの多くが疑問に思っている」と語った。 「説得力のある説明を提供した大人はいません。」

5月下旬から7月上旬にかけて実施された約1,600人の子供たちを対象としたオンライン調査によると、79%が次のように考えていると答えました。 モコチョクまたは黙って食べることは「悪い」ものでしたが、15.4% は意見がなく、5.5% は良い考えだと考えていました。

ランチをしながらお話しませんか?と聞かれると、 教室でよく食べるもの90.4% が「はい」と答え、3.2% だけが「いいえ」と答えました。

何人かの子供たちは、話すことの禁止が学校に行くことをからかったと言いました。 「大人がマスクなしでランチを楽しめるのに、どうして子どもだけがこんな風に思っていいの?」 毎日新聞によると、誰かが書いた。

別の人は、「友人と話していたとき、彼は私の昼食を奪いました。恐ろしい」と言いました。 他の人は、黙って食べるとランチの楽しみが損なわれると不満を漏らし、プラスチックの仕切りで友達と分けられて食べるのが「嫌い」だと言いました.

多くの学校が禁止を課しているが、教育省の衛生マニュアルは食事を黙って食べることを求めていない. 代わりに、彼は子供たちに昼食の前後に手を洗い、大声での会話を控え、机を同じ方向に向けるように勧めています.

6月、Covid-19の症例が全国的に減少したため、一部の地方教育委員会は、 彼らは手続きを楽にすると言った 禁止が子供の教育的および社会的発達に及ぼす影響についての懸念の中で.

読売新聞によると、宮崎県と福岡県の教育当局は6月に禁止を解除し、愛知県の当局は今月規則を緩和した。 しかし、日本のメディアの報道によると、ほとんどの学校はいまだに静かに食事をすることを主張しています。

政策の中止を求める請願書を厚労省と文部省に提出した小野は、生徒は「限界に達した」と語った. 「これは、学校が子供たちの声にどれだけ耳を傾けることができるかという問題です」と彼女は言いました.

READ  今週のレナード彗星の見方を「星をジャンプ」させる方法