Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の宇宙センターは火星とそれ以降に定住することを推進している

東京— SF映画のように、不毛の赤い砂漠から神秘的で奇妙な姿が浮かび上がります。 内部は緑豊かで、芝生やボートが澄んだ青い海を航行しています。すべて垂直の壁にあります。

このコンピューターアニメーションのテーブルは、京都大学ヒューマンスペースセンターの開所式で、火星での生活の可能性を示すものとして発表されました。

センターは、宇宙旅行、アポロ計画の後にアメリカの最初の乗組員を月に送りたいNASAのアルテミスプロジェクト、そしてリチャードブランソンのヴァージンギャラクティックとジェフベゾスのブルーオリジンの最新の航空機への新たな関心の中で設立されました。 イーロンマスクが率いるスペースXは、今後10年以内に火星に人々を送ることを目指しています。

京都大学センターは、10月に設立され、6月に完全に発足し、日本が地球を離れて生きるために必要な技術の開発に貢献することを計画しています。 センターは民間部門と提携しています。

奇妙な構造のビデオセンターは、5つの主要な研究のコンセプトでした。地球のような人工重力の生息地、ゼネコンのカジマとの挑戦です。

月と火星の重力が低いため(それぞれ地球の6分の1と3分の1)、筋肉と骨の量を維持および構築することが困難になっています。 センターは、宇宙飛行士の健康を維持するために、この問題に対処するためのさまざまなアイデアを追求します。

センターの研究トピックには、宇宙での木材の使用、放射線の影響、宇宙教育、宇宙および地球探査のための技術が含まれます。

センター長の山式洋介氏によると、これらのセクターは「日本の宇宙産業力強化の可能性」に基づいて選ばれたという。

独立した宇宙飛行を行っていない日本にとっての奇妙な質問は、宇宙レースにどのように参加するかということです。 大学と産業界が一堂に会し、正しい道を模索します。 航空宇宙事業は、他の分野からのプレーヤーを引き付け続けています。

京都大学は、米国のアリゾナ大学と共同でスペースキャンプを開始し、プログラムの一環として日本からの学生が参加しています。 (写真提供:京都大学)

「現在の枠組みを超えてパートナーシップの輪を広げたい」と山式氏は語った。

宇宙センターのメンバーには、NASAと日本の宇宙飛行士土井隆雄と山崎奈子が含まれます。 センターは、数ヶ月の組織構造の後、6月に本格的な運営を開始しました。

研究開発に加えて、重要なテーマは人材育成です。 カリキュラムには、講義と実習の両方が含まれます。

2019年、京都大学は米国アリゾナ大学との宇宙キャンプを開始しました。

統合キャンプは、米国アリゾナ州で再び開催される予定です。 そこでは、太平洋の両側からの学部生が、地球の生態系が火星で複製できるかどうかを研究するために、陸生生物圏で時間を過ごします。

日本では、海洋・森林環境や無線通信に関する研修の機会があります。 宇宙飛行士はおもちゃの訓練に参加し、宇宙飛行中に得た知識を大学生に伝えます。

READ  日本が希土類探査のための公的資金を増やす