Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の宇宙機関は、新しいH3ロケットを使って収益性の高い打ち上げプロジェクトを立ち上げたいと述べている

日本の宇宙機関は、新しいH3ロケットを使って収益性の高い打ち上げプロジェクトを立ち上げたいと述べている

日本の宇宙機関とその元請け業者は、宇宙が独占する競争が激化する市場で先月初飛行に成功した後、新しいH3ロケットで収益性の高い打ち上げビジネスを確立できることを期待していると述べた。

飛島、日本 — 日本の宇宙機関とその元請け業者は木曜日、スペースXが独占する競争が激化する市場で先月初飛行に成功した後、新しいH3ロケットで収益性の高い打ち上げビジネスを確立したいと述べた。

宇宙航空研究開発機構と三菱重工業は、まもなく退役するH-2Aの後継機としてH3を開発しました。H-2Aは98%の成功率を達成しましたが、打ち上げコストが高いため、世界市場での競争力が低下していました。

三菱重工のH3ロケットプロジェクトマネージャー、仁津真幸氏は、通信、監視、安全保障衛星の急速に高まる需要に応えるため、少なくとも年に6回の打ち上げを実施する計画だと述べた。

同氏は記者会見でミサイルの第2段の隣に立ち、「今日、商業市場ではミサイルに対する大きな需要があり、ミサイルが大幅に不足している」と述べた。 彼はこう付け加えた。「宇宙

H3ロケットは昨年の初打ち上げは第2段エンジンが点火せず失敗したが、2月17日に軌道に到達し小型観測衛星2基を打ち上げた。

三菱重工は最終的には宇宙航空研究開発機構(JAXA)からH3の製造と打ち上げを引き継ぎ、商業化を目指している。

H3は、世界的な競争力を得るために、打ち上げ費用の約半分、約50億円(現在の為替レート1ドル=約150円で3,300万ドル)でH-2Aより大きなペイロードを搭載できるように設計されている。

しかし、これは依然として高価であり、三菱重工関係者は、約12回の打ち上げでより優れた価格競争力を達成したいと述べている。

ニツ氏は、例えば柔軟な発売スケジュールを提供したり、顧客のニーズにうまく応えたりするなど、競争力を高める他の方法があると述べた。

1月にはH-2Aロケットが偵察衛星の軌道投入に成功し、その数日後、宇宙航空研究開発機構の無人宇宙船SLIMが世界初の「計画的」月面着陸を達成した。

___

この記事により、下半期の打ち上げ費用は500億円から50億円に修正され、ドルは3億3,000万ドルから3,300万ドルに換算されました。

READ  日本政府は、2020年度の目標を維持し、一次収支の黒字を達成する