Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の宇宙機関は複数のサイバー攻撃を受けたが、重要なデータは盗まれなかったと当局者が発表

日本の宇宙機関は複数のサイバー攻撃を受けたが、重要なデータは盗まれなかったと当局者が発表

東京(AP通信) — 日本の 同宇宙機関は昨年以来一連のサイバー攻撃を受けているが、ロケットや人工衛星に関連する重要な情報は影響を受けておらず、調査と阻止を続けていると当局者が金曜日に発表した。

林芳正官房長官は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が昨年末以来「複数の」サイバー攻撃を受けていることを認めた。

JAXAは影響を受けたネットワークを遮断しながら違法アクセスの範囲を調査し、ロケットや人工衛星の運用や国家安全保障に関する機密情報が含まれていないことを確認したと同氏は述べた。

林氏はサイバー攻撃に対抗する日本の能力を強化すると約束した。

日本はこれまで 軍備増強を加速する 中国の軍事力の増大に対抗し、軍事力の発展を望んでいる。 反撃能力しかし専門家らは、日本政府は目標に向けて長距離巡航ミサイルを発射するために米国に依存し続けなければならないと述べている。

当局者らは金曜日、サイバー攻撃による漏洩は認識していないと述べた。

木原実防衛相は記者団に対し、JAXAへの攻撃は同省に影響はなかったが、同省の主請負業者の一つであるJAXAへの捜査を注意深く監視していると語った。

森山正英文科大臣も金曜日の記者会見で、サイバー攻撃による実質的な被害はなかったと考えていると述べた。

関係者によると、JAXAは現在、政府のサイバーセキュリティチームと協力して対策を導入しているという。

READ  雨を無視して、日本市場の夏祭りのために街に向かいましょう-スカウトマガジン