Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の宝塚グループは2021年に労働勧告を授与された。 元従業員が会社の文化について語る

日本の宝塚グループは2021年に労働勧告を授与された。 元従業員が会社の文化について語る





2022 年 4 月 16 日の資料写真、兵庫県宝須賀市の宝須賀大劇場。 (毎日・水須貞子)

大阪–西日本労働監督署は2021年9月、不祥事に見舞われた女性だけのミュージカル劇団「宝塚歌劇団」に対し、物議を醸している変形労働時間制の下で雇用された一部従業員の労働条件に関して勤務開発勧告を出した。 毎日新聞で学びました。

劇団は毎日の取材に、非勤務者への休日出勤などの労働慣行について指導を受けていたと説明したが、「内容についてはコメントを差し控えたい。労働調査の参考には適切に対応している」(事務局)としている。

今年9月に宝塚乗務員が死亡したことを受け、西宮労働基準監督署は11月22日に労働基準法などに基づき劇団に立ち入り調査を進めている。 しかし、同劇団は過去に労働慣行に関して行政指導を受けていたことから、組織的な労務管理上の欠陥があった可能性が指摘されている。

数年前にタカラスカで働いていた関係者によると、彼らの契約では変形労働時間制のもとで1日8時間の固定労働が規定されていたという。 しかし実際には、上司から与えられた仕事をこなし、1カ月以上休まず、夜遅くまで働き続けた。 この残業に見合った給料や手当も支給されない。

特殊業務変形労働時間制は、労働者がどのように働き、どのように労働時間を過ごすかを労使であらかじめ合意した労働時間とみなす制度です。 19の職種が対象だが、長時間労働やサービス残業が多発していることで知られる。

宝塚では、6年目以降のグループアーティストとは労働契約を結ばず、フリーランスとして下請けに出す。 9月に亡くなった女優は7年目だった。 彼の家族の代理人を務める弁護士は、実際には労働契約が適用される雇用主と従業員の関係が存在したと述べた。

劇団は1年目から5年目までの出演者と一部の非出演者と労働契約を結んでいる。 同社は現在、労働基準法に基づく時間外労働・日雇い労働について従業員266名と労務管理契約を締結しており、従業員の労務管理と安全管理に責任を持っている。

宝塚の元従業員は劇団経営陣を批判し、女優の死は「労働者を守らない企業文化の結果」だと述べた。

同氏はまた、劇団はハラスメント事件には対処していないと説明した。 男は「なぜ立ち去らないのですか?」と言いました。 彼は雇用主から絶えず虐待を受けていたと語った。 そして、「あなたは仕事が下手です。」

「社内に相談できる人がいなかった。(宝塚市を運営する)阪急電鉄にはハラスメントホットラインがあったかもしれないが、手の届かないところにあり、相談しようとも思わなかった」。 彼は言った。

男性は劇団の隠蔽体質も批判した。 幹部からは「ボーナスを出すから、辞める理由や理由は誰にも言わないでください」と言われたそうだ。

「隠してもバレてしまう。本当に宝塚の将来を考えているなら、制度を抜本的に変えてほしい。外の世界では通用しない内規や厳格な上下関係を見直す必要がある」 彼はコメントした。

【松室花実、大阪編集制作センター水須聡子】

READ  世界のトップ11の場所のリストをチェックしてください