Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の家計支出が予想外に落ち込み、日銀金利の行方に影を落とす

日本の家計支出が予想外に落ち込み、日銀金利の行方に影を落とす

文:杉山敏、木原ライカ

[東京(ロイター)] – 物価上昇が消費者の購買力を引き続き圧迫し、利上げ時期に関する中央銀行の決定を困難にしているため、5月の日本の家計支出は予想外に減少したことが金曜日のデータで示された。

多くのアナリストは、企業が生活費上昇の打撃から家計を守ることを目的に大幅な賃上げや減税を打ち出し、今後数カ月で消費が回復すると予想している。

しかし、この弱い指標は消費の脆弱な性質を浮き彫りにしており、力強い景気回復によってインフレ率は利上げの前提条件である2%の目標付近に永続的に維持されるという日銀の見解に疑問を投げかけている。

SOMPOプラス総合研究所のシニアエコノミスト、小池正人氏は「日銀は消費が堅調だとずっと言い続けてきた」とし、「今日の統計により日銀はその見方を変えざるを得なくなり、利上げを正当化することが難しくなるかもしれない」と述べた。 7月。」

データによると、食品価格の上昇が他の商品への支出に影響を及ぼしたため、5月の個人消費は前年同月比1.8%減少し、市場平均予想の0.1%増加を大幅に下回った。

円安の影響で海外観光旅行の需要も減り、海外旅行が高額になっている。 5月の支出は季節調整済み月次ベースで0.3%減少した。

この弱い数字は、第1四半期の日本のGDPが予想外に下方修正されたことと、消費者心理の悪化を示した一連の調査を受けてのことだ。

個人消費の減速は、金融政策正常化の前提条件である高い賃金と持続可能なインフレに支えられた持続可能な経済成長を求める政策立案者にとって懸念事項である。

日銀の上田和夫総裁は、多くの企業による大幅な賃上げや政府の電気料金抑制支援が家計の収入を支え、消費が回復するとの見通しを示した。

日本企業は今年、平均5.1%の賃上げを提示したが、これは過去33年間で最大の伸び率であり、現在2%前後で推移しているインフレ率を上回っていることが、水曜日の労働組合の調査で明らかになった。

多くのアナリストは、日銀が今月の利上げを延期する一方で、賃金上昇が中小企業に波及し、消費を押し上げるさらなる証拠を待つと予想している。

しかし一部の人たちは、円安による輸入コスト上昇などによるインフレの上昇が日銀の行動を促すのではないかと疑っている。

大和証券のチーフエコノミスト、岩下真理氏は「日銀は消費の低迷は一時的との見方を堅持する可能性が高い」と述べた。

「中銀は、高インフレが消費を損なう主な要因とみなし、物価が一段と上昇するリスクを防ぐ必要性を感じれば、7月に利上げを決定する可能性がある」と述べた。

日銀は7月30─31日に次回の金融政策決定会合を開く予定で、そこでは将来の金融政策を決定する基礎となる新たな四半期成長率と物価の見通しも発表する予定だ。

異例の予定外のGDP改定により、日本経済は今年第2四半期に当初報告よりもさらに縮小した。 しかし多くのエコノミストは、賃金上昇と堅調な設備投資のおかげで今四半期の成長率が回復すると予想している。

READ  米国は、ルーブルの反発にもかかわらず、ロシアは景気後退と閉鎖経済に向かっていると述べています