Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の富岳は最速スーパーコンピュータランキングで2位を維持

日本の富岳は最速スーパーコンピュータランキングで2位を維持

読売新聞資料写真
スーパーコンピュータ「富岳」

理化学研究所と富士通が開発し、日本政府の資金提供を受けているスーパーコンピュータ「富岳」が、計算速度の世界トップ500ランキングで2位にランクインしたと日本の研究機関が月曜日に発表した。

このランキングは年に2回、スーパーコンピューター研究者による国際会議で発表される。 富岳は2022年5月から3年連続でランキング2位を維持している。

富岳は2020年6月から4年連続でランキング1位を獲得している。

頂上で富嶽を追い抜いたのは、米国における最新のフロンティアシステムだった。

フロンティアの計算速度は毎秒1194ペタフロップスだったのに対し、富岳の計算速度は442ペタフロップスだった。 上位 10 のシステムは前回のランキングから変わりませんでした。

日本のスーパーコンピュータは、産業用アプリケーションの処理速度のベンチマークであるハイパフォーマンス・カップルド・スケーリングと、ビッグデータ分析機能のベンチマークであるGraph500において、7年連続でトップの座を維持した。

理化学研究所計算科学研究センターの松岡聡センター長は「このランキングは総合効率の高さを示した」と述べた。

文部科学省は、富岳後継システムの性能や具体的な機能について検討を進めている。

関連記事


READ  日本の伝統的な筆作りを知り尽くした職人