Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の小売売上高は5ヶ月で最も速く上昇します

* 3月の小売+ 5.2%年/年vs予測+ 4.7%

*小売売上高は予想よりも高い

* COVID-19の縁石雲の観点から予想されるコストへの影響

東京、4月28日(ロイター)-コロナウイルスの発生による昨年の大成功から消費者需要が回復したため、日本の小売売上高は3月の5か月で最も急増した。

雪崩ワクチンの接種とエピデミックの復活が家計の飢餓を脅かしている一方で、昨年の輸出回復の低迷から世界第3位の経済大国が台頭しました。

3月の小売売上高は5.2%増加し、政府のデータは水曜日に示しました。これは平均市場予測の4.7%よりも大きな増加です。

10月には6.4%の改善を示し、最初のプラス成長から4か月で最も急速に上昇しました。

ノリンチュク研究所のチーフエコノミスト、南猛氏は「春だと安心した」と語った。

「彼らは商店街や商店街に出かけていました。それが消費の増加につながりました。」

小売売上高は前月と比較して季節調整ベースで1.2%増加しました。

データによると、小売売上高の大幅な増加は、衣料品やアクセサリー、雑貨などのファッションアイテムへの支出の増加によるものです。

昨年3月には、百貨店が閉店し、家電製品などの需要が落ち込み、健康危機により小売売上高が急落しました。

日本が先週、東京と他の3つの州での流行を制御するために、第3の非常事態を宣言した後、アナリストは現在、レストランやレジャー活動などのサービスのコストについて特に懸念しています。

「サービスは消費の半分の費用がかかる。それが上がらなければ、全体的な消費は停滞するだろう」とミナミ氏は語った(ダニエル・ルシングによる報告、サム・ホームズによる編集)

READ  日本の札幌で爆発した後、クマが射殺された| 日本