Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の小林陵侑がフォーヒルズスキージャンプのオープニングマッチで優勝

日本の小林亮代は、水曜日にドイツのリゾート地オーベルストドルフで開催されたフォーヒルズスキージャンプ選手権の第1戦で優勝しました。

2019年フォーヒルズレースの優勝者で元ワールドカップチャンピオンの小林は、2月の北京オリンピックを楽しみにして、今シーズン4度目のワールドカップ優勝を果たしました。

岩手県出身の25歳の女性は、ノルウェーのHalvor Aigner Granrodの299.2を破りました。一方、別のノルウェー人のRobert Johanssonは、298.6ポイントで3位になりました。

「今後のトーナメントやフォーヒルズの総合順位に関しては、プレッシャーは感じない」と、ワールドカップで23回のシングルス優勝を果たした小林氏は、日本人男性の中で最も多いと語った。

その日の衝撃は、ポーランドの4度の優勝者と3度のチャンピオンであるCamille Stochが、その日の2回目のジャンプの資格を得ることができず、41位で終わったときに起こりました。

フォーヒルズの次のステージは、1月1日にガルミッシュパルテンキルヒェンで開催される予定です。

最後の2つの試合は、オーストリアのリゾート地であるインスブルックとビショフスホーフェンでそれぞれ1月4日と6日に行われます。

通常、このイベントには数万人の観客が集まりますが、コロナウイルスと戦うために地方自治体が講じた措置により、今年はファンなしで開催されます。

誤った情報と多くの情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  UFCの中村倫也への道は「日本の総合格闘技コミュニティの活性化」を目指しています