Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の小麦粉大手ニッペンが米国に投資

日本の小麦粉大手ニッペンが米国に投資

日本最大の小麦粉供給会社の 1 つである Nippn は、米国での存在感を拡大しています。

同社は以前は日本製粉株式会社として知られていました。 , ユタ州に拠点を置く新しい工場、ユタ製粉に2,500万ドル。

まだ建設されていないが、今後数週間以内にユタ州の未発表の場所で建設が始まる予定だ。 このプロジェクトは来年完了する予定です。

ユタ製粉は、穀物および小麦粉ベースの製品を提供するアメリカの企業であるPHM Brandsによって2月に事業体として設立されました。

ネペン氏は声明で、この工場では小麦粉を生産すると述べた。

ニップンは2500万ドルでユタ製粉会社の株式25%を所有することになる。

日本のグループは、北米への拡大は「長期ビジョン」の一部であると述べた。 米国の製粉事業に参加することで「グループの総合力が強化される」と付け加えた。 この取引は、Nippn が米国の製粉に投資するのは初めてです。

実際、Nippn は米国に 2 つの資産を持っています。プレミックス販売会社である Nippn California とパスタ生産会社である Pasta Montana です。

当社グループは製粉、加工食品、冷凍食品などを含む総合食品事業を展開しています。 原産地は中国、タイ、インドネシアなどです。

2022/23年度、ニッペンは売上高3,213億2,000万円(23億3,000万ドル)、営業利益112億8,000万円、純利益93億3,000万円を報告した。

READ  ジョー・バイデンは日本が必要とするプッシュを提供するかもしれません