Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の山西は男子20km競歩で世界タイトルを保持

山西利和は金曜日に2年連続の男子20km競歩世界タイトルを獲得し、連続した世界選手権で金メダルを獲得した最初の日本の陸上競技選手になりました。

彼の同胞であり、昨年夏の東京オリンピックの銀メダリストである池田コギは、日本がオレゴン州ユージーンで進行中の世界の最初のメダルを獲得したときに銀メダルを獲得しました。 山西は東京オリンピックで3位に終わった。

日本の山西利和は、2022年7月15日にオレゴン州ユージーンで開催された世界陸上競技選手権で男子20キロのレースに勝ちました。 (池の写真)(京都)

男子ハンマー投げの室淵浩二は、2001年に銀メダル、2003年に銅メダルを獲得したとき、2つの連続した世界で個人メダルを獲得した最後の日本人アスリートです。

山西は1時間19分7秒で優勝し、スタートからパックをリードした。 スウェーデンのペルセウス・カールストロムは、池田から4秒遅れてブロンズを獲得した。

東京オリンピックで人気の26歳の京都出身の山西は、「本当に暑くて、すべてのライバルがタフで諦めないので、考えることがたくさんあるレースだった」と語った。

「マージンの最も薄いものによって決定されましたが、どういうわけか私は勝ったことを嬉しく思います。」

ランナーアップフィニッシュで複雑な気持ちになり、池田は力強く復帰することを誓った。

「山西に負けるのは嬉しいけどがっかりしている」と24歳の選手は語った。 「来年と翌年にはインターナショナルがやってくるので、メダルをめぐって彼と競争したいと思っています。」

日本の藤井菜々子が女子20km競歩で優勝し、ペルーのキンベルリガルシアレオンが6位でフィニッシュしました。

日本の山西敏和(R)は、2022年7月15日、オレゴン州ユージーンで開催された世界陸上競技選手権の男子20 kmレースで、銀メダリストの同胞である池田浩樹と一緒に金メダルを獲得しました。 (池の写真)(京都)

READ  Pokémon TCG Japan's Last Abyss プレビュー: ぶねりライン